こんこんと込み上げる性力とストレス

昔は性力ってこんこんと込み上げていましたよね・・・いつのひかこんな力もなくなってしまうんですけどね・・・かくにも、あの思春期の頃のあの性力を今、100万円で取り戻すことができるのなら、すぐにでも金融会社にいって金を借りてとりもどすだろうな~なんて思います。

それほどなくなってしまった性力って返してほしいものなんです。なんでこんなにも手に届かないところまでいったのだろう。。ともいえ、そんな性力を取り戻すことができない現状。かといっても、女性は求めてくる日々。こんなストレスがまたもや僕の性力をうばっているような気もする。なんかデフレスパイラルを天井の見えない螺旋階段のようにさせられた気分で、もはや半ばあきらめがちな自分がまた性力を下げているような気もする。

はぁ、つらい。普通に生きるのもつらくなってくるレベル。男にとってここまで性力って重要なのか?むしろ、この性力の悩みをわすれることができたら、あのころの性力を取り戻すことができるのではないだろうか?そんな風にも最近思ってしまうわ・・・・

ストレスで性力は低下するのか?

ストレスが勃起に影響しているのは、仕組みからわかります。しかし、性力に関してはストレスというものはあまり関係ないようにも思います。

実際どうなのか??

僕の考えでは、関係していると思います。

ストレスといってもこの場合は、性的なストレスじゃやなくて、日常生活のストレスってことです。人間は寝ている時以外はストレスを常に感じているッて言われているほどストレスに日常からさらされています。

仕事がうまくいかなかったり、とても重要な仕事をまかされたり、お金の問題で悩んだり、子育てでなやんだり、おとなになると悩むことや考えることは多くなると思います。

そういったものもストレスとなり、自分の体や精神を蝕んでいるんです。そして、その悩みや問題が大きくなりすぎると、性力は絶対に低下してしまいます。というよりも、そんなこと考える暇や余裕もないと思います。

要は、ストレスが大きすぎて、性行為に集中できなくなるんです。

うつ病の人がEDになったり、性力が全くわかないっていうのは、こういったストレスにより、脳がリラックスできなくなっているからです。うつ病やうつ気味な人は悩みやストレスのせいで、脳に余裕がないんですね。

性力を高めたいのなら、まず、脳の悩み・ストレスを軽減させないと!!

そういった意味でもストレスと性力って関係が深いんです。

人によって性力スイッチは違う

性癖なんていう言葉もあるように、男が性的興奮を感じるシュチエーション、モノ、事など全然違います。まさに十人十色。

性癖とまではいかないまでも、ムラムラと性力が込み上がるタイミンは人によって違います。

これが自分でわかっていれば、興奮を高めるのも割りと簡単にできます。

例えば、やけに赤色に興奮するとか、ベッドよりも畳に布団を敷いたほうが興奮するとか、、、

こういうのが分かっていると、中年や初老になった時に、試してみるといつもと違うちょっとした変化から性力スイッチがオンッ!!ってなる可能性があります。

中年以降になると、パートナー(妻)に対して、なかなか興奮するのが難しいっていう人はたくさんいます。(居酒屋なんかではもっと酷い言い方していますが。。。笑)

自分が歳をとれば結婚相手も歳をとるわけだから、容姿は老化してしまいます。若い子のほうが良いっていう人はほとんどだと思いますが、ある意味、自分で自分の興奮を操れるようにならないと、中年以降の性生活はうまくいきませんよ。

交感神経が盛んな時間をいかに減らすか!?

自律神経は交感神経と副交感神経で別れています。

交感神経はストレスを感じている時などに、盛んになります。まさに、戦闘態勢になっている状態。反対に副交感神経は寝ている時などに盛んになっている、リラックスしている状態です。

勃起は副交感神経が盛んになっている状態ではないと成り立ちません。どういう理由であっても、男の勃起の仕組みがそうなっている以上しかたありません。

ストレスや精神的な要因で勃起や性力が低下してしまうのは、交感神経が盛んになっている時間が多すぎるからです。

基本的に人間が目覚めて日中に活動している時は交感神経が盛んになっています。

嫌なことがあっったり、プレッシャーがかかったり、ストレスを感じたりすると、余計に交感神経が盛んに動きます。

では?どうすれば交感神経を盛んにさせず、減らすのか!?

それは、副交感神経を盛んにさせるしか方法はありません。

ストレスや嫌なこと、悩みなんていうのは、自分が操ることが難しいものです。だから、ストレスを無くせ!と言われて、なくせるもんでもないんです。

だから、交感神経の盛んな時間を減らせ!ッて言われても、難しい話なんです。

副交感神経を盛んにさせた方が話が早いわけです。

とにかく、自分がリラックスできる時間を増やす。それだけで、勝手に副交感神経が盛んに動いている時間が増えていきます。

寝る時間を増やす、風呂に入ってリラックスできるなら少し長風呂にする。面白いTVを見ている時はなんだかリラックスできているのであれば、その時間を増やしてみたり。

日常生活で自分がリラックスしている時間っていうのを探して、その時間を伸ばしてみましょう。きっと勃起・性力だけでなく、気持ちが楽になりますよ!!

SNSでもご購読できます。