勃起力と勃起の維持

最近、勃起力がどんどんどんどん落ちていているような気がします。なんだろう・・・・ゴムをつけようと思った時にその低下をひしひしと感じます。おいおい!どうした?なんて自分で勝をいれるんですけど、その思いとは逆にどんどんしおれていく様をみてすごく情けなく感じます。こうなると、ゴムをつけようにもつけれないので、またもや勃起するまでまって、すかさず装着。なんだか、すごく悲しくなってくる。なんで僕はこんなことのために急いでいるのだろうか?

みたいな本当に男として情けないような感じになってしまうのだ。 勃起と言っても昔のような力はありません。僕が思うに昔の勃起力を100だとすると、僕がいまだせるマックするはよくて70くらいだと思います。なんだろう反り返っている感じもなく、勃起を保っているだけで精いっぱいのような感じがします。

もちろん、上向きでもないですし、昔の僕の勃起からしたら考えられない。昔なら反立ちっていってたクラスの勃起力が今ではマックスの力だなんて・・・やっぱり歳はとりたくないですね。そんなことを中学生の時はバカじゃないの?と思ってたけど今はヒシヒシと感じます。苦しい状況はまだまだ続きます。勃起力だけではなく、勃起の維持時間も短くなっている。マックスまでもないのに、それに加えて維持することもできない今の自分。本当に男として情けない限りです。

なんだろう?勃起について悩めば悩むほど、僕の勃起維持時間は減っていっているような気もする・・・・かなり無念。。。どうするよ俺?まさかの人工授精か?笑っておいおい、笑えないって!

男性不妊症ってEDも入っているらしい。

最近になって、男性不妊症っていう言葉をよく聞くことがある。不妊症といえば、女性側の問題が大きいとされていて、男の方にはなかなかスポットがあたらなかったが、不妊症の2割は男性不妊症。。。つまり、男側に原因があるから子供ができないってことらしい。

男性不妊症は、男の精子が元気なかったり、体で精子を作れていなかったり、精子になんらかの問題があることを男性不妊症といいます。

ここまでは、何となく予想はつきますが、男性不妊症の中にはED。。。つまり、勃起障害も含まれています。

要は子供が性行為で作れない!っていう状況で、男に原因があることを男性不妊症ということらしい。ってことは、EDや中折で性行為を射精でフィニッシュできなければ、それも男性不妊症の1つとなるわけです。

確かに、理にかなっていますね。EDも男性不妊症といっていいでしょう。でも、問題なのは子供が欲しいのに、子供ができないっていう男に限ります。

これは当然ですね!

子供が欲しくない!っていう家庭でEDであろうが、無精子であろうが、子供が必要じゃないんだからそれは男性不妊症ではないわけです。あくまでも、夫婦間で望んでいるのに子供ができない!っていう場合が不妊症となるわけです。

EDの判断基準について

勃起力が低下したり、勃起ができない人=ED患者ではありません。

これも不妊とよく似た解釈になりますが、別に性行為を必要としていない男が勃起しなくても、それはED患者ではないんですね。

性行為をしたいのに勃起が上手く成り立たずにできないっていう悩みがある人がED患者になります。

確かに、勃起ができない男=ED患者にしてしまうと、世の中の定年を迎えた男のほとんどがED患者になってしまいますね。

定年を迎える歳にもなると、夫婦間の性生活も極端に減っていき、最後にはそういった行為は夫婦間に必要じゃない!という風にになります。これを夫婦のお互いが必要ない!としていれば、男が勃起できなからろうが、勃起維持ができなからろうがEDではないですね。

もちろん、定年の夫婦が子供を作るなんて、なかなかありませんので、不妊症でもなくなります。

要は、「求めているのに、できない!」っていうのがEDであり、不妊でもあるんです。

「勃起しないと子供ができない!だから、正常に勃起を手に入れたい!」

「男の勃起が不自由で夫婦生活がまともにできない!から勃起を取り戻したい!」

こういったような場合をEDという風に診断しているんです。

病院・クリニックなんかでEDと診断されると、基本的にはED治療薬が処方されて終了です。特に、30代以降の男性の場合、器質性のEDと判断されやすくなるので、そういった場合は副作用なども考えたうえでED治療薬が処方されます。

しかし、比較的に若い年代に対しては、なかなかED治療薬が処方されないパターンが多いようです。

こういった場合は、心因性EDの可能性が高いからだと言われています。特に体に問題はないけど、ストレスやプレッシャーなどから勃起しづらくなっていることから、ED治療薬の処方を少し慎重になる場合が多いようですね。

僕から言わせると、心因性EDであろうが、ED治療薬を飲んで効果があるのであれば、処方したほうがいいと思います。

心因性EDは精神的なプレッシャーや失敗体験のトラウマで悪化することが多くあるので、それだったらED治療薬を病院が処方して、「ED治療薬があるんだから大丈夫!」という精神状態で一度成功体験させたほうがスムーズにいくと思います。

しかし、ED治療薬を飲んでしても、ダメだった・・・となると、いよいよ・・・ヤバイ!!となる可能性もあるので、リスキーであることは確かですが、、、、

SNSでもご購読できます。