性力剤始めるなら錠剤・ドリンク・粉末・カプセルどのタイプが良い?

性力剤を買う上で「どんなタイプの商品を買うのか?」という悩みを持つ人は少ない有りません。成分や栄養素のタイプ別ではなく、
どんな形状の商品なのか?という意味です。

実際に性力剤は大きく別けて4つのタイプに別れています。

  • 錠剤タイプ
  • ドリンクタイプ
  • 粉末タイプ
  • カプセルタイプ

「どれでも一緒でしょ?」と思いますが、現実は4種類に別れているわけですから、そこに意図があるのは明白です。

多くの人がドリンクタイプや粉末タイプは好んで買わないと思います。単純に服用する際に「味」を感じるので、不味いのはごめん!苦いのは嫌という意見がありますが、それでもドリンク・粉末ともに未だに存在している形状なわけです。

それでは、性力剤のタイプ別のメリット・デメリットや特性をご紹介したいと思います。

錠剤タイプの性力剤

錠剤タイプといえば1番メジャーな形状だと思います。今や病院に行ってもらう薬でもほとんどが錠剤だと思います。管理人が幼い頃は粉タイプのものが支流でしたが、時代の流れもあり錠剤タイプに変わっています。

この錠剤タイプの大きなメリットは「味がわからず飲みやすい」「飲み込むだけで良い」という点に付きます。

大人だろうが子供だろうが薬の味に対しての抵抗は変わらずあります。そして、毎回「不味い思いや苦い思い」をするのは億劫になり継続性を低下させてしまいます。特にサプリメントであれば、それは死活問題と言うべきでしょう。

そういった飲むのに抵抗を無くし、継続性を促す錠剤タイプは性力剤にも向いている形だと言えるでしょう。

錠剤デメリットは粉末状のものを固めるために添加物が必要不可欠に成る点です。オーガニックだったり、添加物にアレルギーが有る人にとっては錠剤を服用することが難しくなります。

つまり、成分の他に商品とは全く関係ない成分が混入するわけです。当然、コレに対して製造費用もかかるため、比較的に高くなってしまいます。

カプセルタイプの性力剤

錠剤タイプに続き、最近、性力剤やサプリで多く見かけるのがこのカプセルタイプの形です。カプセルタイプの大きく2種類あり「ゼリーを固めているタイプ」と「乾燥したカプセルで粉を閉じ込めているタイプ」があります。

どちらが良い悪いというのはありあませんが、当然どちらも本来であれば必要のない成分(添加物)で作られています。そして、それに対してコストも高くなっています。

これも錠剤と同じで継続性を促してくれる形なので今の支流といっていいでしょう。

しかし、錠剤よりも少し大きいという点が少し違います。

管理人も最近まで知らなかったのですが、「錠剤・カプセルなどのタイプが喉に支える、支えやすい人」が以外と多くいるそうです。

水で流し込めば良いのでは?と思いますが、喉が上手く動いてくれず水を飲んでもなかなか食堂を通って胃袋へ移動してくれないようです。こういった人はカプセルのサプリにかなり抵抗をもっており、好んで粉末タイプを選ぶこともあるそうです。

ドリンクタイプの性力剤

即効性を売りにしている性力剤に多いのがドリンクタイプ。特に滋養強壮剤のような商品のたいはんはドリンクタイプです。コンビニでも変えるユンケルなどの商品は全てがドリンクタイプでまとめられています。

ドリンクタイプのメリットはやはり吸収率の高さと速さです。

これはどんな栄養素でも言えることですが、錠剤などの固形にしているものよりも液体の方が粘膜の吸収率が高いんです。

錠剤やカプセルだと消化器官ではまず溶かすところから始まります。しかし、ドリンクタイプはすでに溶けている状態です。その差が吸収率の速さに繋がるんです。だから、即効性を謳っているタイプの性力剤ではドリンクタイプが多いんです。

デメリットは「味」です。液体なのでどうしても舌についてしまうため、苦味や嫌な味を感じてしまいます。良薬口に苦しと言いますが、苦手な人にとってはかなりマイナス要素なのは間違いありませんね。

粉末タイプの性力剤

最近ではあまり見かけなくなった粉末タイプ。性力剤でも粉末タイプだったものがカプセル系・錠剤系へと変化しています。粉末タイプを押し通している性力剤といえばあかひげ薬局の性力剤ですね。特に昔ながらのシリーズは多くのが粉末タイプのままです。

粉末タイプと錠剤タイプの2つを販売しているくらいなので、一定数で支持者がいるということがわかります。

特に年配の人に人気なのが粉末タイプで、「飲みやすさ」という部分が大きなメリットのようです。また、固めていないので当然吸収率も錠剤やカプセルタイプよりも早くなります。

そもそも性力剤などの成分のほとんどは一旦砕かれて粉末状にされます。これを飲みやすいように錠剤にしたり、カプセルに詰めたりするわけなので、工程が一つ増えることになります。

そういった理由もあり、粉末タイプは比較的にコストが安いのも特徴です。

SNSでもご購読できます。