【四季と旬】で別れる性力剤に劣らない食材ピックアップ

「精がつく食材」という言葉は男なら誰でも聞いたことがあると思います。しかし、そんな食材も調べてみるとかなり多く存在しています。性力剤を使うほどではないけど、「最近元気がない・・・」「夜がイマイチだ・・・」という人はまずは食事による栄養補給を気をつけることが大切です。

そこで重要に成るのが、どんな性力食材を積極に食べていくのか?

食材には旬というものが存在します。日本だと四季に合わせて旬な食材は変わっていくもの。そこで、今回は性力剤にも劣らない旬な性力食材をピックアップします。

暑い夏も終わって、食欲の秋に変わりますが、まだまだ残暑が厳しく夏バテの名残が有る人も多いかと。そんな時こそ、栄養ドリンク、サプリ、薬に頼らず日々の食事から変えていくことが大切です。

それでは季節ごとに旬な性力食材を紹介しましょう。

春といえば筍やふきなど山菜系が旬になる季節です。しかし、これら春が旬な食べ物はそこまで「精がつく」と騒がれている食材ではありません。では、春には性力に関しての食材はないのか!?と悲観してしまいがちですが、そんことはありません。

春にも夜の元気を付けてくれる食材は存在します。

山芋(ナガイモ)

山芋の旬は厳密に言うと冬と春で2回あります。その中でも春に旬を迎える山芋を「春掘り」と呼ばれていて旨味はもちろん、成分が凝縮されているため効率よく
性力成分を食材から摂取することができるんです。

山芋の性力成分はムチンと呼ばれる成分です。これがあるからネバネバとした食感になるわけですが、滋養強壮や疲労回復といった作用があることから、古来より精が付く食べ物として重宝されている筆頭格なんです。

アスパラ

アスパラといえば、何と言ってもアスパラギン酸と呼ばれる成分です。アスパラギン酸には代謝を高め疲労回復といった作用が期待されます。他にも亜鉛やルチン、ビタミンEなど性力剤にも含まれている成分がずらりと含まれているんです。

体質によってはアスパラを食べるとオシッコが独特の臭いを放つという人がいますが、これは食べ過ぎや過剰摂取などではないので安心してください。

メロン

メロンは春の中でも遅い部類で、初夏あたりから旬になる食材です。しかし、ニュース報道どでは春メロンといって取り上げられており、栄養価がグンと高まるのも春なんです。メロンの成分はなんといってもシトルリンです。

スイカの成分という印象が強いと思いますが、メロンにも含まれている成分です。

シトルリンは血管の健康維持には欠かせない成分で、体内でNOを増やす作用もあるため、勃起の仕組み上とても重要な役割をしてくれるんです。メロンは少し効果な食材ですが、手に入ったのなら積極的に食べておきたい食材ですね。

あさり

あさりの旬は春と秋ですが、やはり印象が強いのは春ではないでしょうか?これもニュースなどでもる「潮干狩り」といえば春ですからね。この時期はあさりの産卵時期でもあり、とても栄養価が凝縮する時期なんです。

あさりはビタミンB12と呼ばれる疲労回復に適したビタミンを多く含んでいます。また、鉄分や亜鉛、タウリンなど「栄養ドリンク」と言えるほど性力に重要な成分をたくさん含んでいるんです。

そういった全ての栄養素を逃さないためにも、あさりを茹でた汁も全部飲み干すようにしましょう!砂が入ったって少々気にしない精神で!

夏といえば精が付く食べ物が盛んに飛び交う季節です。また、気温や湿度の高さから疲労が多く残り、性力低下をまねく人も多い時期でもあります。そんな季節だからなのか、精が付く食べ物は夏に旬を迎えるものが多いんですよ!!

ニンニク

ニンニクの性力増強は有名な話で、精が付く食べ物として1番初めにイメージする人も多いかと思います。実際に精がつく野菜だとダントツ1位の食材と言っていいでしょう。

ニンニクにはアルギニン、亜鉛といった性力剤に欠かせない成分がたっぷり含まれています。むしろ、ニンニクだけを凝縮すれば性力剤が出来上がると言っても過言ではありません。また、ビタミンB郡がたっぷり含まれているので疲労回復にも適しているんです。

夏に夜のバテを感じたならニンニクは絶対ですよ!

ニラ

ニラにはニンニクと似ている成分が多く含まれています。セレンも豊富に含まれているため、性力増強にはとても効率が良い成分配合だと思ってください。

また、ニラは安いですし、たくさん食べれるメリットがあります。ニンニクだとお値段は高いし、他の食材だとそこまで多く食べれないしといった悩みはありますが、ニラは安くて量もたくさん食べれるコストパフォーマンスが高い精が付く食べ物なんです。

うなぎ

これは言わずと知れば、精が付く食べ物の代表格です。「土用の丑の日」というイベントがあるほど浸透しているので文句なし精が付く食べ物です。少しお値段が高いので定期的に食べることは難しいですが、夏に1度は食べておきたい食材です。

ビタミンEが豊富に含まれていて、「昔からの言い伝え」ではなく科学的な根拠としても性がつくとされているんです。

オクラ

オクラは山芋どうようにネバネバ成分ではるムチンが含まれています。夏も終わりに近づく9月ごろになるとオクラと山芋の旬な時期が被るので、山芋オクラで一品作ればこれだけで性力剤といえるほどの栄養価です。

スイカ

スイカといえばシトルリン。シトルリンといえばスイカです。そもそも、最近になってどの性力剤にも含まれている成分「シトルリン」はスイカから初めて発見された成分です。

そのため、シトルリンはとても豊富に含まれています。その上で、夏に旬を迎え栄養価はぐっと高くなるので、毎日食べても良い食材だと思ってください。水分がほとんどなので夏バテ時にも食べやすい食材なので冷蔵庫に常備しておくべし!

味覚の秋なんて言われているほど、秋に旬を迎える食材は多くあります。ということは・・・・と思いますが、秋に旬を迎える精が付く食材はそこまで多くありません。(残念…)

残暑もあり、暑さが寒さに変化する時期なので体調管理が難しく、性力低下を感じてしまう人も多いだけに意識して精が付く食材を食べたいですね。

ショウガ

ショウガには2種類があり、秋に旬を迎えるショウガは根ショウガと呼ばれる、我々がスーパーでよく見かけるものです。(新ショウガは夏が旬です。)

ショウガはなんといっても血行促進をさせるショウガオールの存在。身体機能を高めて、疲労回復に対してとても効果的です。漢方や滋養強壮にも用いられている生薬のようなもので、血流による勃起低下の人は通年積極的に摂取スべき食材と言っていいでしょう。

ゴマ

ゴマも秋に旬を迎える食材です。小さな食材なだけに軽視しがちですが、実はこの小さからは想像できない精が付く食べ物なんです。ゴマにはビタミンB1が多く含まれていて、人間の神経伝達を正常にする作用があると言われています。

また、リノール酸、オレイン酸といった不飽和脂肪酸がたっぷり含まれていて、血中のコレステロールを中和してくれる働きをします。つまり、血液をサラサラにしてくれる働きがあるということ。

すっぽん

あまり定番の食材とはいえませんが、すっぽんも秋に旬を迎えます。すっぽんは冬になると冬眠をする生き物なので、秋に栄養を蓄えるため秋のすっぽんは1年で1番栄養価が高い時期です。

そして、すっぽんといえば世界的にも共通して「精が付く食べ物」として言われている人間が共通認識している精が付く食べ物のシンボルです。

滋養強壮剤や漢方などでも使用されており、すっぽんの生き血なんかは、飲めばすぐに勃起すると言われているほど活力のある食材なんです。

日本で食べると値段も高く、扱っている店もすくないですが、性力減退が著しい人は、少し奮発してでも専門店に食べに行っても良いレベルだと思ってください。

冬は栄養価が高まる食材はたくさんありますね。特に海の幸なんてのは、冬になると脂肪を蓄えて旬を迎えてくれます。

真牡蠣

海のミルクと呼ばれる牡蠣ですが、冬の味覚としても有名です。夏にも旬を迎えますが、あれは種類が違い岩牡蠣と呼ばれるサイズが大きな牡蠣になります。冬の真牡蠣の方が小ぶりではありますが、栄養素は凝縮しており、成分的には冬のほうが圧倒的に上です。

牡蠣といえば有名ですが「亜鉛」です。たくさんある食材の中でもっとも亜鉛を含んでいる食材と言っても過言ではありません。それほど、冬の性力増強に欠かせない食材だということを覚えておきましょう。

アボカド

アボカドに旬?と思いますが、国産のアボカドにだけスポットを当てると10月~1月が最も美味しく栄養価が高い時期になります。スーパーで売られているアボカドはほとんど輸入物なので、それほど栄養価のブレはないので通年通して旬と言ってもいいでしょう。

アボカドにはビタミンEが多く含まれています。血流のビタミンとも言われているビタミンEですが、とても高い効果効能を持っています。しかし、サプリなどで取ると過剰摂取になり、副作用が現れる場合もあります。

アボカドからだと食材からの摂取なので安全ですが、サプリなどで成分単体を摂取している人は注意しましょう。

SNSでもご購読できます。