食べ方と食べ物で精力が上がる!!

なんともうれしい朗報!!食べ物と食べ方で簡単に精力を回復することができるみたいです。

「精力の衰えは避けられない老化現象ではなく、大半は食事を変えると解消される一時的な生理現象です。不適切な食習慣が精力減退を招いている場合も多いですね」

引用:“食べ方”と“食べ物”の改善で精力はみるみる甦る | 日刊SPA!

確かに、食事っていうのはかなり大切なんだと思う。よくある、どようのウナギとか、ニンニクとかすっぽんとかなんだかんだいって、男の体って食べ物で精力が高まってくるんですって!!

昔、焼き肉とか行って体力付けていざ!!なんてこともよくあったな~なんて思い出します。これが大切なんだね!!食べ物も大事だけど、食べ方も大切らしいですね!!「よくかんで食べる」「消化器官に負担なく食べる」この2つを気を付けておけばOKみたいですね!!なんだか子供の頃に言われていたことをやるっていう簡単なことのような気もします。やはり、人間のエネルギーは食からとるのが一番みたいです。

サプリメントとかで足りない栄養を補給するのはいいんだけど、基本的には「足りない栄養を!!」っていう意味だから、基本ベースは食事なんです。この食事や食生活がおろそかになってしまうと一番危険!!特に男の精力にはかなり大きなダメージを与えてしまうのです!!ほうほう!!これはかなり勉強になりました、気長に食生活の改善を続けていって元通りの姿に戻していこうかなって思っています。もぜひやってみてください!!

性力アップの成分を食材で紹介!

性力アップの成分や栄養素は、たくさんあります。例えば、亜鉛だったり、アリシン、ビタミン類などは、性力アップには定番と言っていいほど、有名な成分です。

しかし、成分だけ教えられても、、、、と毎回思ってしまいます。そこで、性力アップに役立つ成分を豊富に含んでいる食材で紹介していきたいと思います。

亜鉛を多く含む食材

亜鉛を多く含む食材は「牡蠣」。

亜鉛といえば、男性ホルモンの分泌を促したり、精子の成分友いわれているミネラルです。しかも、すい臓の働きを助ける作用もあるので、血液中の血糖値の下げる効果なんかあります。

海外では亜鉛をセックスミネラルとも読んでいます。それほど、男の性力に関係のある成分ってことです。その成分を効率良く豊富に摂取するなら、牡蠣が一番ですよ!!

アリシンを多く含む食材

アリシンを多く含む食材は「タマネギ」「ニンニク」「ニラ」などのネギ類。

にんにくやニラなどは性力アップには欠かせないと言ってもいいほど、どのコンテンツでも言われていますが、その理由はアリシンという抗酸化作用が高い成分を豊富に含んでいるからです。

タマネギ、ニンニク、ニラなどは、けっこー匂いも強い食材ですが、それこそがアリシンが豊富に含まれている証拠です。

滋養強壮としてもアリシンは高い効果があるので、滋養強壮剤(強壮剤)にもよく見かける成分です。それほど、性力アップには欠かせない成分・栄養素といことをお忘れなく。

ビタミンEを多く含む食材

ビタミンEを多く含むのはアーモンド、ピーナッツ、イクラ、うなぎ、抹茶など。

ビタミンEは男性ホルモンやホルモン分泌の司令塔とも呼ばれる「脳の視床下部」の働きを活発化させてくれる効果があります。

男性ホルモンが分泌されるのは、脳の命令によってです。

その命令を出してくれるのが脳であり、視床下部なんです。この司令塔が栄養不足であったり、老化してしまうと、男性ホルモン生産の支持が上手くできなくなるんです。

アルギニンを多く含む食材

アルギニンは色々な食材に含まれている栄養素ですが、特に目立って多く含まれているのは「魚介類」「大豆類」になります。

魚介類・・・鰹節、しらす、海老、マグロ、カツオ…

大豆類・・・湯葉、きなこ、ラッカセイ、アーモンド、ゴマ…

他にも鶏肉や牛肉などにも比較的多く含まれています。

アルギニンは成長ホルモンを分泌する上で欠かせない成分で、子供の成長などで積極的に摂取することがありますが、大人になっても重要な栄養素なんです。

特に血管の健康に関して有効な栄養素になるので勃起に置いて重要な存在になります。アルギニンと似た成分でシトルリンがありますが、体内でアルギニンがシトルリンへ変換されるときに一酸化窒素と呼ばれる血管を拡張してくれる成分を発生させます。

この一酸化窒素が男が勃起する上でかならず必要になり、これが少ない(または発生しづらい)状況はEDに近いということになるんです。

シトルリンを多く含む食材

シトルリンを多く含む食材と言えば「スイカ」です。そもそも、シトルリンという成分はスイカから発見されたものです。

他にもウリ科に含まれていますが、スイカが圧倒的なので、シトルリンを食事から多く取り入れたい人はスイカ一択だと思っていいでしょう。

上記でも少し紹介しましたが、シトルリンとアルギニンはとても似ている成分です。どちらが優れているとかいう有列はなく、体内でシトルリンとアルギニンはグルグルと変換し続けているんです。

シトルリンが体内に入ると代謝によってアルギニンに変換されます。そのアルギニンはまたシトルリンへと変換されます。つまり、両成分はとても関係が深い成分なんです。

そして、その変換されるさいに一酸化窒素を発生させてくれるので、血管の健康維持に役立ち、今ではアスリートの世界でもシトルリンは注目される成分となっています。

アルギニンよりもシトルリンの方が体内での吸収が良いため、効率的に血管や健康管理ができるためサプリなどでも用いられています。

野菜もいいけど脂質も重要

ビタミンやミネラルといった成分や野菜や豆類、海藻類といったものから摂取できます。要は健康的な食として野菜や豆類が多く取り上げられていますが、性力としてはやはり脂質も重要です。

性力アップには肉!!!っていうのも忘れてはいけませんね。

肉というより、動物性の脂。つまりコレステロールです。

なんだか健康番組などのせいで、コレステロール=悪者みたいな認識が多くなっていますが、コレステロールや糖質は健康のためには欠かせない存在の栄養素です。

警戒しなくても勝手に摂取しているっていう理由から、控えるようにと注意されるコレステロールですが、男の性力アップには絶対的に必要になります。自分で足りていないと思っていて、性力減退などの節がある人は、コレステロールを気をつけて摂取するだけでもいいかもしれません。

要は、取り過ぎなければいいですし、摂取するコレストロールに伴ってビタミンやミネラルもバランスよく摂取すれば問題ありません。

そもそも、男性ホルモンの主原料となるのはコレステロールです。コレステロールが体で足りていなければ、男性ホルモンを生成することは不可能なんです。そういった状態なら性力が低下するのも当然です。

男性ホルモンの減量が足りていないわけですから。

最近では、草食系男子という言葉もあります。まぁこれは男の正確を表している言葉なので、食生活のことを言っているわけじゃありませんが、言葉通りに野菜などが主体の食生活は絶対に性力を低下させてしまいます。

性力を増強したければ、やはり肉食系でないといけません。

SNSでもご購読できます。