性力の低下と筋肉の低下!!

性力と筋肉の低下は比例している!!っという持論を持っていますが、あながち間違いではないんです。

男性ホルモンというのが性力のガソリンのような位置づけであるならば、この理論はむしろ的確なのではないだろうかと・・・まぁ性力と男性ホルモンに関しては、多くのサイトで書かれているので、わざわざ当サイトで説明するほどでもありませんね。

むしろ、知らない人はガチンコで性力の悩みがある人だとは思えません。気になる人「性力 男性ホルモン」とググって調べてみたください。

経験的に筋肉量が多い人、スポーツをしている人ってなんだか性力が高いように思います。若い人ならともかく、歳をとっている人でも筋肉ムキムキの人、いい歳してちょっと黒く焼けているようなマッチョなオジサンは全体的に性力が高い印象です。

反対に、40年・50年もインドアなオジサンは軒並み性力の低下で悩んでいる印象です。

どちらが、より良い人生を送れるか?とかそういう問題ではなくて、単に性力というスポットだけで比較すると、やっぱり筋肉量が多いちょっとチャラメのおじさんの方が良いのかな~なんて個人的には思うわけです。

今の50代、60代って良くも悪くも「働かざる者食うべからず!」という精神が残っていて、実生活も精力的なイメージが高いのが管理人の統計的な感覚です。まぁ個人差はあるんですがね。。。

少しバブルの時代もかじっているし、「女」に対してハングリーなオジサンが多いように思います。逆に今の20代・30代の男性は女に対してガッツクのではなくて、引き付けるような戦略をとっているように感じるわけです。

どう考えても精神的には前者の方が性力的にもパワフルですよね?

何が言いたいかって??

今の20代や30代が30年・40年経ったときに、性力モリモリの男性がどれだけ残っているのか?って事です。今いるおじさん立ちは若き頃から盛んで、その余力で50代・60代を保っていて、そんな余力のない今の20・30代の男性はどうなるの?ってことです。

草食系なんて言葉が流行るくらいですからね。。。

なんだか自分も不安でしょうがないですね。

SNSでもご購読できます。