性力剤

【四季と旬】で別れる性力剤に劣らない食材ピックアップ

「精がつく食材」という言葉は男なら誰でも聞いたことがあると思います。しかし、そんな食材も調べてみるとかなり多く存在しています。性力剤を使うほどではないけど、「最近元気がない・・・」「夜がイマイチだ・・・」という人はまずは食事による栄養補給を気をつけることが大切です。

そこで重要に成るのが、どんな性力食材を積極に食べていくのか?

食材には旬というものが存在します。日本だと四季に合わせて旬な食材は変わっていくもの。そこで、今回は性力剤にも劣らない旬な性力食材をピックアップします。

暑い夏も終わって、食欲の秋に変わりますが、まだまだ残暑が厳しく夏バテの名残が有る人も多いかと。そんな時こそ、栄養ドリンク、サプリ、薬に頼らず日々の食事から変えていくことが大切です。

それでは季節ごとに旬な性力食材を紹介しましょう。

春といえば筍やふきなど山菜系が旬になる季節です。しかし、これら春が旬な食べ物はそこまで「精がつく」と騒がれている食材ではありません。では、春には性力に関しての食材はないのか!?と悲観してしまいがちですが、そんことはありません。

春にも夜の元気を付けてくれる食材は存在します。

山芋(ナガイモ)

山芋の旬は厳密に言うと冬と春で2回あります。その中でも春に旬を迎える山芋を「春掘り」と呼ばれていて旨味はもちろん、成分が凝縮されているため効率よく
性力成分を食材から摂取することができるんです。

山芋の性力成分はムチンと呼ばれる成分です。これがあるからネバネバとした食感になるわけですが、滋養強壮や疲労回復といった作用があることから、古来より精が付く食べ物として重宝されている筆頭格なんです。

アスパラ

アスパラといえば、何と言ってもアスパラギン酸と呼ばれる成分です。アスパラギン酸には代謝を高め疲労回復といった作用が期待されます。他にも亜鉛やルチン、ビタミンEなど性力剤にも含まれている成分がずらりと含まれているんです。

体質によってはアスパラを食べるとオシッコが独特の臭いを放つという人がいますが、これは食べ過ぎや過剰摂取などではないので安心してください。

メロン

メロンは春の中でも遅い部類で、初夏あたりから旬になる食材です。しかし、ニュース報道どでは春メロンといって取り上げられており、栄養価がグンと高まるのも春なんです。メロンの成分はなんといってもシトルリンです。

スイカの成分という印象が強いと思いますが、メロンにも含まれている成分です。

シトルリンは血管の健康維持には欠かせない成分で、体内でNOを増やす作用もあるため、勃起の仕組み上とても重要な役割をしてくれるんです。メロンは少し効果な食材ですが、手に入ったのなら積極的に食べておきたい食材ですね。

あさり

あさりの旬は春と秋ですが、やはり印象が強いのは春ではないでしょうか?これもニュースなどでもる「潮干狩り」といえば春ですからね。この時期はあさりの産卵時期でもあり、とても栄養価が凝縮する時期なんです。

あさりはビタミンB12と呼ばれる疲労回復に適したビタミンを多く含んでいます。また、鉄分や亜鉛、タウリンなど「栄養ドリンク」と言えるほど性力に重要な成分をたくさん含んでいるんです。

そういった全ての栄養素を逃さないためにも、あさりを茹でた汁も全部飲み干すようにしましょう!砂が入ったって少々気にしない精神で!

夏といえば精が付く食べ物が盛んに飛び交う季節です。また、気温や湿度の高さから疲労が多く残り、性力低下をまねく人も多い時期でもあります。そんな季節だからなのか、精が付く食べ物は夏に旬を迎えるものが多いんですよ!!

ニンニク

ニンニクの性力増強は有名な話で、精が付く食べ物として1番初めにイメージする人も多いかと思います。実際に精がつく野菜だとダントツ1位の食材と言っていいでしょう。

ニンニクにはアルギニン、亜鉛といった性力剤に欠かせない成分がたっぷり含まれています。むしろ、ニンニクだけを凝縮すれば性力剤が出来上がると言っても過言ではありません。また、ビタミンB郡がたっぷり含まれているので疲労回復にも適しているんです。

夏に夜のバテを感じたならニンニクは絶対ですよ!

ニラ

ニラにはニンニクと似ている成分が多く含まれています。セレンも豊富に含まれているため、性力増強にはとても効率が良い成分配合だと思ってください。

また、ニラは安いですし、たくさん食べれるメリットがあります。ニンニクだとお値段は高いし、他の食材だとそこまで多く食べれないしといった悩みはありますが、ニラは安くて量もたくさん食べれるコストパフォーマンスが高い精が付く食べ物なんです。

うなぎ

これは言わずと知れば、精が付く食べ物の代表格です。「土用の丑の日」というイベントがあるほど浸透しているので文句なし精が付く食べ物です。少しお値段が高いので定期的に食べることは難しいですが、夏に1度は食べておきたい食材です。

ビタミンEが豊富に含まれていて、「昔からの言い伝え」ではなく科学的な根拠としても性がつくとされているんです。

オクラ

オクラは山芋どうようにネバネバ成分ではるムチンが含まれています。夏も終わりに近づく9月ごろになるとオクラと山芋の旬な時期が被るので、山芋オクラで一品作ればこれだけで性力剤といえるほどの栄養価です。

スイカ

スイカといえばシトルリン。シトルリンといえばスイカです。そもそも、最近になってどの性力剤にも含まれている成分「シトルリン」はスイカから初めて発見された成分です。

そのため、シトルリンはとても豊富に含まれています。その上で、夏に旬を迎え栄養価はぐっと高くなるので、毎日食べても良い食材だと思ってください。水分がほとんどなので夏バテ時にも食べやすい食材なので冷蔵庫に常備しておくべし!

味覚の秋なんて言われているほど、秋に旬を迎える食材は多くあります。ということは・・・・と思いますが、秋に旬を迎える精が付く食材はそこまで多くありません。(残念…)

残暑もあり、暑さが寒さに変化する時期なので体調管理が難しく、性力低下を感じてしまう人も多いだけに意識して精が付く食材を食べたいですね。

ショウガ

ショウガには2種類があり、秋に旬を迎えるショウガは根ショウガと呼ばれる、我々がスーパーでよく見かけるものです。(新ショウガは夏が旬です。)

ショウガはなんといっても血行促進をさせるショウガオールの存在。身体機能を高めて、疲労回復に対してとても効果的です。漢方や滋養強壮にも用いられている生薬のようなもので、血流による勃起低下の人は通年積極的に摂取スべき食材と言っていいでしょう。

ゴマ

ゴマも秋に旬を迎える食材です。小さな食材なだけに軽視しがちですが、実はこの小さからは想像できない精が付く食べ物なんです。ゴマにはビタミンB1が多く含まれていて、人間の神経伝達を正常にする作用があると言われています。

また、リノール酸、オレイン酸といった不飽和脂肪酸がたっぷり含まれていて、血中のコレステロールを中和してくれる働きをします。つまり、血液をサラサラにしてくれる働きがあるということ。

すっぽん

あまり定番の食材とはいえませんが、すっぽんも秋に旬を迎えます。すっぽんは冬になると冬眠をする生き物なので、秋に栄養を蓄えるため秋のすっぽんは1年で1番栄養価が高い時期です。

そして、すっぽんといえば世界的にも共通して「精が付く食べ物」として言われている人間が共通認識している精が付く食べ物のシンボルです。

滋養強壮剤や漢方などでも使用されており、すっぽんの生き血なんかは、飲めばすぐに勃起すると言われているほど活力のある食材なんです。

日本で食べると値段も高く、扱っている店もすくないですが、性力減退が著しい人は、少し奮発してでも専門店に食べに行っても良いレベルだと思ってください。

冬は栄養価が高まる食材はたくさんありますね。特に海の幸なんてのは、冬になると脂肪を蓄えて旬を迎えてくれます。

真牡蠣

海のミルクと呼ばれる牡蠣ですが、冬の味覚としても有名です。夏にも旬を迎えますが、あれは種類が違い岩牡蠣と呼ばれるサイズが大きな牡蠣になります。冬の真牡蠣の方が小ぶりではありますが、栄養素は凝縮しており、成分的には冬のほうが圧倒的に上です。

牡蠣といえば有名ですが「亜鉛」です。たくさんある食材の中でもっとも亜鉛を含んでいる食材と言っても過言ではありません。それほど、冬の性力増強に欠かせない食材だということを覚えておきましょう。

アボカド

アボカドに旬?と思いますが、国産のアボカドにだけスポットを当てると10月~1月が最も美味しく栄養価が高い時期になります。スーパーで売られているアボカドはほとんど輸入物なので、それほど栄養価のブレはないので通年通して旬と言ってもいいでしょう。

アボカドにはビタミンEが多く含まれています。血流のビタミンとも言われているビタミンEですが、とても高い効果効能を持っています。しかし、サプリなどで取ると過剰摂取になり、副作用が現れる場合もあります。

アボカドからだと食材からの摂取なので安全ですが、サプリなどで成分単体を摂取している人は注意しましょう。

性力剤始めるなら錠剤・ドリンク・粉末・カプセルどのタイプが良い?

性力剤を買う上で「どんなタイプの商品を買うのか?」という悩みを持つ人は少ない有りません。成分や栄養素のタイプ別ではなく、
どんな形状の商品なのか?という意味です。

実際に性力剤は大きく別けて4つのタイプに別れています。

  • 錠剤タイプ
  • ドリンクタイプ
  • 粉末タイプ
  • カプセルタイプ

「どれでも一緒でしょ?」と思いますが、現実は4種類に別れているわけですから、そこに意図があるのは明白です。

多くの人がドリンクタイプや粉末タイプは好んで買わないと思います。単純に服用する際に「味」を感じるので、不味いのはごめん!苦いのは嫌という意見がありますが、それでもドリンク・粉末ともに未だに存在している形状なわけです。

それでは、性力剤のタイプ別のメリット・デメリットや特性をご紹介したいと思います。

錠剤タイプの性力剤

錠剤タイプといえば1番メジャーな形状だと思います。今や病院に行ってもらう薬でもほとんどが錠剤だと思います。管理人が幼い頃は粉タイプのものが支流でしたが、時代の流れもあり錠剤タイプに変わっています。

この錠剤タイプの大きなメリットは「味がわからず飲みやすい」「飲み込むだけで良い」という点に付きます。

大人だろうが子供だろうが薬の味に対しての抵抗は変わらずあります。そして、毎回「不味い思いや苦い思い」をするのは億劫になり継続性を低下させてしまいます。特にサプリメントであれば、それは死活問題と言うべきでしょう。

そういった飲むのに抵抗を無くし、継続性を促す錠剤タイプは性力剤にも向いている形だと言えるでしょう。

錠剤デメリットは粉末状のものを固めるために添加物が必要不可欠に成る点です。オーガニックだったり、添加物にアレルギーが有る人にとっては錠剤を服用することが難しくなります。

つまり、成分の他に商品とは全く関係ない成分が混入するわけです。当然、コレに対して製造費用もかかるため、比較的に高くなってしまいます。

カプセルタイプの性力剤

錠剤タイプに続き、最近、性力剤やサプリで多く見かけるのがこのカプセルタイプの形です。カプセルタイプの大きく2種類あり「ゼリーを固めているタイプ」と「乾燥したカプセルで粉を閉じ込めているタイプ」があります。

どちらが良い悪いというのはありあませんが、当然どちらも本来であれば必要のない成分(添加物)で作られています。そして、それに対してコストも高くなっています。

これも錠剤と同じで継続性を促してくれる形なので今の支流といっていいでしょう。

しかし、錠剤よりも少し大きいという点が少し違います。

管理人も最近まで知らなかったのですが、「錠剤・カプセルなどのタイプが喉に支える、支えやすい人」が以外と多くいるそうです。

水で流し込めば良いのでは?と思いますが、喉が上手く動いてくれず水を飲んでもなかなか食堂を通って胃袋へ移動してくれないようです。こういった人はカプセルのサプリにかなり抵抗をもっており、好んで粉末タイプを選ぶこともあるそうです。

ドリンクタイプの性力剤

即効性を売りにしている性力剤に多いのがドリンクタイプ。特に滋養強壮剤のような商品のたいはんはドリンクタイプです。コンビニでも変えるユンケルなどの商品は全てがドリンクタイプでまとめられています。

ドリンクタイプのメリットはやはり吸収率の高さと速さです。

これはどんな栄養素でも言えることですが、錠剤などの固形にしているものよりも液体の方が粘膜の吸収率が高いんです。

錠剤やカプセルだと消化器官ではまず溶かすところから始まります。しかし、ドリンクタイプはすでに溶けている状態です。その差が吸収率の速さに繋がるんです。だから、即効性を謳っているタイプの性力剤ではドリンクタイプが多いんです。

デメリットは「味」です。液体なのでどうしても舌についてしまうため、苦味や嫌な味を感じてしまいます。良薬口に苦しと言いますが、苦手な人にとってはかなりマイナス要素なのは間違いありませんね。

粉末タイプの性力剤

最近ではあまり見かけなくなった粉末タイプ。性力剤でも粉末タイプだったものがカプセル系・錠剤系へと変化しています。粉末タイプを押し通している性力剤といえばあかひげ薬局の性力剤ですね。特に昔ながらのシリーズは多くのが粉末タイプのままです。

粉末タイプと錠剤タイプの2つを販売しているくらいなので、一定数で支持者がいるということがわかります。

特に年配の人に人気なのが粉末タイプで、「飲みやすさ」という部分が大きなメリットのようです。また、固めていないので当然吸収率も錠剤やカプセルタイプよりも早くなります。

そもそも性力剤などの成分のほとんどは一旦砕かれて粉末状にされます。これを飲みやすいように錠剤にしたり、カプセルに詰めたりするわけなので、工程が一つ増えることになります。

そういった理由もあり、粉末タイプは比較的にコストが安いのも特徴です。

性力剤を買う前に抑えておきたいポイント&購入カラクリ

今やネット・近くの薬局などで手軽に購入することができるようになった性力剤。サプリの流行に伴って「いかにも性力剤」という感じの商品が減って、「サプリですよ~」といった大衆受けしやすいイメージが強いと思います。

そんな流れもあって、今や性力剤は色々な商品が販売されています。

しかし、きな臭い市場なだけに、まだまだ悪徳業者・詐欺業者が残っているのも事実です。

そういった粗悪な性力剤を掴まされれないために、今回は性力剤を買う前に抑えておきたいポイントをまとめてみました。

性力剤の購入で悩んでいる・戸惑っている人はぜひ参考にしてください。

相場価格とコスパ

性力剤の相場価格は5,000~10,000円くらいです。1日のコスパにして大体100円~200円以内になります。もちろん、商品によって異なりますが、相場としてみればこの価格・コスパだと思っていいでしょう。

中には10,000円を超える商品もありますし、2,000~3,000円という安い商品もあります。

そんな中で注意しておきたいのは「どういったタイプの性力剤なのか?」という点。

例えば、1パック4,000円で20粒入っていたとします。そして、メーカーの服用目安が1日2粒だったとすれば10日分という計算になります。その場合、1日のコスパは400円になります。

まず、性力剤で10日分という容量は疑っても良いポイントです。性力剤は医薬品ではありません。よって、数日間飲んだとしてもその効果はほとんどありません。(人によってあるかもしれませんが、、、)

つまり、10日分で販売しているような商品はハナからこの1パックで効果云々を考えていないわけです。もっと悪徳であればそれを知らずに製造している可能性もあります。

性力剤は最低でも1ヶ月~2ヶ月くらいのんで意味を成していくものです。

だから、短期飲みきりタイプ(10日間前後)のような性力剤は1パックだけでは意味がないし、続けるにしても1日コスパ400円だと1ヶ月で12,000円となるので、かなり経済的な負担が大きくなります。

「どれも1ヶ月分で10,000円近くするから、3,000~4,000円くらいの10日間飲みきりで試したいな~」と考える人も多いと思いますが、それこそが弱みに付け込まれている悪徳な商売なので注意しましょう。

成分と栄養素

性力剤の効果・効能は成分や栄養素によって左右されます。最近で言えば、マカなどはとても人気で多くの性力剤に含まれている成分です。その他にも、アルギニン、亜鉛、シトルリン、ニンニクなど色々な成分があります。

今ピックアップした成分全て一応、性機能を向上させるために役立つものです。

しかし、医薬品にように飲んですぐに効果を表すものではありません。習慣的に補給することで効果が現れてくるものということは覚えておきましょう。

成分は性力剤のパッケージの裏に必ず記載されています。ネットだと、商品情報のところに必ず紹介されています。

その中でスッポン、マムシ、オットセイ、サソリといったように原料名を記載している性力剤があります。

もちろん、これら原料にはしっかり性力剤としての効果もありますし、漢方の生薬として用いられている列記とした栄養素です。

しかし、原料名をズラリとパッケージに並べた商品は注意した方がいいでしょう。

最近ではシトルリン、ビタミン〇〇、アルギニン、亜鉛といったように成分単体を組み合わせて作っている商品の方が科学的な根拠が高いため、ごまかしがききません。

それ故に、詐欺まがいの商品は成分名を表記することは少ないんです。

「昔からの言い伝え」「精がつく原料」といった迷信で売っているようなものなので、成分単体が組み込まれいない商品は注意が必要です。

医薬品・医薬部外品

性力剤の販売元・メーカーが警察によって逮捕される事例はたびたび起こっています。この逮捕される理由のほとんどは医薬品成分が含まれているものを売っているから
です。

性力剤はあくまでも機能食品なので、(中には医薬部外品もあります。)医薬品として指定されている成分を含ませるのはアウトです。それなら、しっかり許可をとって医薬品
として商品販売をしなければなりません。

しかし、医薬品としての許可はともて厳しく、そこら辺のパッとでの会社が申請したところで取ることはできませんし、医薬品とならば販売する際に制限が大きくなります。

だから、こっそりと成分を入れて性力剤として販売するんです。

そういった輩がどんどん逮捕されているんです。

今は取り締まりが厳しくなり数は明らかに減っていますが、まだ存在しているのは間違いないでしょう。

医薬品の成分は医者・薬剤師のアドバイスなく服用すれば、副作用が現れる場合があります。効果が高い分、そういったリスクが伴うからこそ医薬品として分類されており、扱いに制限がかけられているわけです。

それを知らずに効果がある性力剤だからといって極端な服用方法をすると危険なのは簡単に想像できますね。

しかし、こういった医薬品成分に関しては、製造側も成分表に記載しないので、素人目からすると判断できません。

見分けるのはとても難しいポイントですが、大手メーカーならそういった偽装はまずあり得ないので安心できるポイントでしょう。

継続・飲み続けること

性力剤はいわばサプリメントです。性力剤といえば飲んですぐに効果が現れるという認識をしている人が多く、誤解している人がたくさんいます。しかし、実際は飲んですぐ効くような成分は含まれていません。

つまり、性力剤の効果を実感したければ、継続して飲み続けなければなりません。

この根本を理解できずに、「1週間使ったがダメだった」「色々な性力剤を試してきたがダメだった」という意見が多くあります。

それは当然です。

「筋トレを頑張って一週間したけど全然ムキムキにならない」と言っていることは一緒です。

性力剤は根本的に飲み続けて身体の健康・機能を維持、高める為の商品です。1週間・1ヶ月で想像するような効果は現れるものではないということを覚えておきましょう。

性力の低下と筋肉の低下!!

性力と筋肉の低下は比例している!!っという持論を持っていますが、あながち間違いではないんです。

男性ホルモンというのが性力のガソリンのような位置づけであるならば、この理論はむしろ的確なのではないだろうかと・・・まぁ性力と男性ホルモンに関しては、多くのサイトで書かれているので、わざわざ当サイトで説明するほどでもありませんね。

むしろ、知らない人はガチンコで性力の悩みがある人だとは思えません。気になる人「性力 男性ホルモン」とググって調べてみたください。

経験的に筋肉量が多い人、スポーツをしている人ってなんだか性力が高いように思います。若い人ならともかく、歳をとっている人でも筋肉ムキムキの人、いい歳してちょっと黒く焼けているようなマッチョなオジサンは全体的に性力が高い印象です。

反対に、40年・50年もインドアなオジサンは軒並み性力の低下で悩んでいる印象です。

どちらが、より良い人生を送れるか?とかそういう問題ではなくて、単に性力というスポットだけで比較すると、やっぱり筋肉量が多いちょっとチャラメのおじさんの方が良いのかな~なんて個人的には思うわけです。

今の50代、60代って良くも悪くも「働かざる者食うべからず!」という精神が残っていて、実生活も精力的なイメージが高いのが管理人の統計的な感覚です。まぁ個人差はあるんですがね。。。

少しバブルの時代もかじっているし、「女」に対してハングリーなオジサンが多いように思います。逆に今の20代・30代の男性は女に対してガッツクのではなくて、引き付けるような戦略をとっているように感じるわけです。

どう考えても精神的には前者の方が性力的にもパワフルですよね?

何が言いたいかって??

今の20代や30代が30年・40年経ったときに、性力モリモリの男性がどれだけ残っているのか?って事です。今いるおじさん立ちは若き頃から盛んで、その余力で50代・60代を保っていて、そんな余力のない今の20・30代の男性はどうなるの?ってことです。

草食系なんて言葉が流行るくらいですからね。。。

なんだか自分も不安でしょうがないですね。

年齢に関係ない性力低下と性力増強!

当然年齢的な性力低下には個人差がありますが、基本的には30?40歳を目処に低下すると考えられています。

これにはホルモンバランスが大きく影響しており、男性ホルモンの一種であるテストステロンの分泌量の低下が関わっています。

このテストステロンが30歳?40歳に差しかかると少しずつ低下してしまうのです。

これが一般的な論ですが、根本的な部分は体力や気力の衰え・ストレス・疲労による影響が強いと考えます。

個人差が存在するのには「体力や気力の衰え・ストレス・疲労」が大きく関係している為なのです。60歳、70歳になってもバリバリに性欲旺盛だ!なんて方は基本的に体力が豊富で元気な身体をしています。

つまり心身共に元気で、健康な生活をし体力を維持できれば著しい性欲の減少も防げるのです!

いかに日々の運動・食生活・ストレス発散が重要かがわかりますよね。

まだ20代後半や30代なんて方は十分間に合います。

性力剤の購入を検討する前に、日々の運動、食生活、ストレス発散を心がけて健康的な身体を取り戻しましょう!

それからでも性力剤を試すのは遅くありません!

善は急げ!ですね!

玉玉ポロリンで性力増強!

実は玉玉ポロリンという強精法というものがあります。その考案者は榎真佐敏(えのきまさとし)という人物。この榎さんによると、パンツの前開き穴からアソコを出し、そのままの状態でズボンをはくという至ってシンプルな方法。

ネーミング通りサオだけじゃなく玉も出す状態ですね。

聞くからに間抜けな強精方法と思いますが、これが性力が低下してしまった中年男性のあいだで話題となっているんです。

しかも、これは医学的にみても理にかなっていて、性的本能の増強させるということでいば、とても有意な方法だと言われているんです。

この玉玉ポロリンの特徴は、性器の存在を意識するということにあります。

要は、パンツからアソコを出しズボンをはいている状況では、多くの人が違和感をもってしまいます。その違和感こそが、常に意識してしまうためのものということです。

人間の体は意外と簡単で、意識するだけで多くの機能が反応したりするのものです。

最近流行っていう引き寄せの法則といった、仕事やお金などで成功するための法則なども簡単に言ってしまえば、「意識の植え付け」ということです。それを低下した性力でも実践しているのが玉玉ポロリンという方法なんです。

アソコを意識すると、性力増強に重要なテストスレテロンという男性ホルモンが心理的な効果によって潤沢に分泌されるようになるんです。普通にパンツをはいてると、その違和感もないので、性器から脳への刺激はないに等しいものです。

その上で、慣れもあるので性器の存在を意識することが中年以降の男性には少ないんです。

男なら何となく想像がつくと思いますが、パンツから性器が出ている状況で、普通に生活しているとアソコが擦れたりといった不快とも思える刺激があります。

この刺激が生活の中で頻繁に起こり、その刺激が脳に伝わるので、意識もさることながら、脳にも性器の存在を常に伝えることができるんです。

こうなると脳はどんどん男性ホルモンが分泌しやすいようにシグナルを送り、そのシグナルに答えた生殖器官がドバドバと男性ホルモンを分泌するというカラクリになります。

適度な違和感は意識や刺激に繋がることから、玉玉ポロリンという強精法は中年男性にとって大きな救世主となってくれると思います。

2つのアプローチで勃起を促す

男が勃起するには大きく別けて2ヶ所のアプローチがあります。

1.男性器の刺激→仙髄の勃起中枢→勃起

2.五感による性的興奮→脳の性欲中枢→脊髄→勃起

この2パターンで男の勃起はスタートします。ともに勃起に繋がりますが、何となく男として生きていればこの違いは理解できるのではないでしょうか?

脳の中で想像そするだけで勃起することもあれば、全く脳は思考停止(性的な興奮はない)だけど、アソコに直接刺激があれば勃起するといったように勃起には2パターンがあるんです。

先ほど紹介した玉玉ポロリンは1のパターンになります。

要はアソコをパンツから出していることで、男性器が刺激を受け勃起に繋がるという物理的な方法です。しかし、玉玉ポロリン、そういった強い刺激があるわけではないので勃起までたどり着きません。

ごく僅かな刺激ですが、これが射精中枢という神経に送り続けれるので、これにより勃起に携わっている神経経路が活性化させるとも考えられているんです。

勃起というのはかなりデリケートな生理現象です。少し精神が病んでいたり、神経系に異常があれば十分な勃起はしません。故に、少しの変化で大きく飛躍したりする可能性があるんです。

50代や60代にもなると、「年齢的に諦める」という男性も少なくないと思いますが、ここでちょっとした悪あがきでもいいので是非ともチャレンジしてもらいたいですね。