性力剤

なぜ精力が下がっていったのか?

最近、時々思うのだがなぜ??精力が下がってしまったのだろう??加齢・老化現象という言えばそれまでなのだけど、それ以外にも要因がいくつかあると自分で思っている。よく聞くのがタバコやお酒といった要因だ。くしくも、僕はどちらの要因も10年以上だ。

しかもともにヘビーな男と言えるだろう。やはり、このタバコとお酒は精力に深く関係していると思う。この2つは精力を直接下げてしまう力はないが、確実に体を老化させていく要因だ。

体が老化=精力が下がる。という図式からいくと、やはり健康的で生き生きとした若々しい生活習慣を心がけることが精力を上げるコツなんだと思う。あと、もう一つ。「使う」ということ。簡単に言うと、精力を使うということ!!かかりつけ医に聞いたことがあるが、人間の体で使わなくなれば、必要ないということを脳がインプットして、機能を低下させるらしいのだ。だから、精力・あそこも使わなければ、脳が「そっか。お前にはもう必要のないものなんだな?」てな具合に機能を低下させる訳だ!!これはもっとも恐ろしい。精力ってやつは筋肉と同様、使わなければどんどん衰えていくのだ。必要ないと脳がインプットしてしまうから・・・

男性ホルモンが低下するから性力も下がる

これは性力の基本とも言われていることで、男の性力の源は男性ホルモンです。老化していくと性力が下がると言われているが、その実態は老化によって男性ホルモンが低下し、その結果、性力が低下してしまうらしい。

男性ホルモンはどうしても老化によって低下していきます。むしろ、20歳をピークにして後は右肩下がりになっていくんです。

ちなみに、男性ホルモンの量は血液検査なんかでわかるみたいです。男性ホルモンって精巣で9割が作られていて、その作られた男性ホルモンは血液に溶け込んで体のいたるところに支給されるらしい。

とにかく、歳をとると精巣で作られる男性ホルモンの量が減ってしまうってこと。

これは精巣の機能自体が老化してしまっていくからで、当然といえば当然。

だって、歳を取るとシワが増えるっていうのも普通の教養がある大人なら当然のように理解できます。その仕組はよくわかっていないけど、老化しているってことなんていう感じでわかっています。

それと同じことが男の精巣でも起こっているんですね。

精子や男性ホルモンを作る工場が劣化していくわけだから、生産性も衰えるのも当たり前のことです。

男性ホルモンの低下で更年期が訪れる

更年期障害っていうと女の病みたいに思っている人も多いと思うが、これは女だけに限った病ではありません。

基本的に女でも男でも起こりうる更年期におこる病です。そもそも、なぜ更年期障害が起こるのかは男女とも同じ理由です。それが性ホルモンのバランスが崩れるから!!これに尽きるらしいです。

男なら性ホルモンのほとんどは男性ホルモン、女なら性ホルモンのほとんどは女性ホルモンです。

その性別を支配している性ホルモンの量が減ったり、バランスを崩してしまうことで、更年期障害というのが起こってしまうんです。

だから、男でも全然ありえる話なんです。しかも、最近では男の更年期障害になっている人が多くなっています。

男性更年期障害のことをLOH症候群なんて言います。おそらく、近い将来、当然のように中年男性の代表的な病となるでしょうね。まぁ、病と言っても、今までバランスがとれていた男性ホルモンがある歳を境に急激に崩れることで起こるので、病気といっても、割りと誰でも通りうるものです。

個人差が合って、その症状がひどく出る人も多いってことですね。最近では昔よりも生活習慣やストレスの問題が大きいので、男が更年期を迎えた時期に男性ホルモンのバランスが崩しやすくなっていて、色々な症状がでるみたいです。

上記で、「男性ホルモンは歳とともに右肩下がりのように減っていく」と言いましたが、これは統計のデータです。これには個人差があって、生活習慣や精神的な悩みなど、によって絶対になだらかに右肩下がりではないってことです。

病気をしてしまったり、生活習慣が悪かったりすると、老化が一気に進む可能性があり、それと同時に一気に男性ホルモンのバランスが崩れてしまう可能性もあるんです。

なだらかに男性ホルモンが減っていくなら、病院に行くほどの症状は少ないようですが、急激に男性ホルモンが減ったり・バランスを崩してしまうと、「何かの病気なのでは?」と思うくらいの症状がでてくるみたいです。

どんな症状がでてくるのか?

精神的な症状

  • イライラが多くなる。
  • うつ病のような症状。
  • 物事に対しての不安。
  • 不眠や睡眠障害
  • 記憶力・集中力の低下。

肉体的な症状

  • 筋肉の低下
  • 疲労感
  • ほてり
  • めまい
  • 頭痛
  • 耳鳴り
  • 頻尿

まさに女性の更年期障害と同じような症状です。被害妄想だったり、そういった精神的な問題も女性だけでなく男でもありえます。もう更年期障害が年増の女だけに起こる病ではないんです。

ちなみに、性力の減退や勃起力の低下もLOH症候群の症状の1つです。LOHは男性ホルモンの低下で起こりうる問題という風に医学で定義されています。ということは、勃起力の低下も性力の減退も男性ホルモンが低下することで起こっている問題だということです。

勃起力と勃起の維持

最近、勃起力がどんどんどんどん落ちていているような気がします。なんだろう・・・・ゴムをつけようと思った時にその低下をひしひしと感じます。おいおい!どうした?なんて自分で勝をいれるんですけど、その思いとは逆にどんどんしおれていく様をみてすごく情けなく感じます。こうなると、ゴムをつけようにもつけれないので、またもや勃起するまでまって、すかさず装着。なんだか、すごく悲しくなってくる。なんで僕はこんなことのために急いでいるのだろうか?

みたいな本当に男として情けないような感じになってしまうのだ。 勃起と言っても昔のような力はありません。僕が思うに昔の勃起力を100だとすると、僕がいまだせるマックするはよくて70くらいだと思います。なんだろう反り返っている感じもなく、勃起を保っているだけで精いっぱいのような感じがします。

もちろん、上向きでもないですし、昔の僕の勃起からしたら考えられない。昔なら反立ちっていってたクラスの勃起力が今ではマックスの力だなんて・・・やっぱり歳はとりたくないですね。そんなことを中学生の時はバカじゃないの?と思ってたけど今はヒシヒシと感じます。苦しい状況はまだまだ続きます。勃起力だけではなく、勃起の維持時間も短くなっている。マックスまでもないのに、それに加えて維持することもできない今の自分。本当に男として情けない限りです。

なんだろう?勃起について悩めば悩むほど、僕の勃起維持時間は減っていっているような気もする・・・・かなり無念。。。どうするよ俺?まさかの人工授精か?笑っておいおい、笑えないって!

男性不妊症ってEDも入っているらしい。

最近になって、男性不妊症っていう言葉をよく聞くことがある。不妊症といえば、女性側の問題が大きいとされていて、男の方にはなかなかスポットがあたらなかったが、不妊症の2割は男性不妊症。。。つまり、男側に原因があるから子供ができないってことらしい。

男性不妊症は、男の精子が元気なかったり、体で精子を作れていなかったり、精子になんらかの問題があることを男性不妊症といいます。

ここまでは、何となく予想はつきますが、男性不妊症の中にはED。。。つまり、勃起障害も含まれています。

要は子供が性行為で作れない!っていう状況で、男に原因があることを男性不妊症ということらしい。ってことは、EDや中折で性行為を射精でフィニッシュできなければ、それも男性不妊症の1つとなるわけです。

確かに、理にかなっていますね。EDも男性不妊症といっていいでしょう。でも、問題なのは子供が欲しいのに、子供ができないっていう男に限ります。

これは当然ですね!

子供が欲しくない!っていう家庭でEDであろうが、無精子であろうが、子供が必要じゃないんだからそれは男性不妊症ではないわけです。あくまでも、夫婦間で望んでいるのに子供ができない!っていう場合が不妊症となるわけです。

EDの判断基準について

勃起力が低下したり、勃起ができない人=ED患者ではありません。

これも不妊とよく似た解釈になりますが、別に性行為を必要としていない男が勃起しなくても、それはED患者ではないんですね。

性行為をしたいのに勃起が上手く成り立たずにできないっていう悩みがある人がED患者になります。

確かに、勃起ができない男=ED患者にしてしまうと、世の中の定年を迎えた男のほとんどがED患者になってしまいますね。

定年を迎える歳にもなると、夫婦間の性生活も極端に減っていき、最後にはそういった行為は夫婦間に必要じゃない!という風にになります。これを夫婦のお互いが必要ない!としていれば、男が勃起できなからろうが、勃起維持ができなからろうがEDではないですね。

もちろん、定年の夫婦が子供を作るなんて、なかなかありませんので、不妊症でもなくなります。

要は、「求めているのに、できない!」っていうのがEDであり、不妊でもあるんです。

「勃起しないと子供ができない!だから、正常に勃起を手に入れたい!」

「男の勃起が不自由で夫婦生活がまともにできない!から勃起を取り戻したい!」

こういったような場合をEDという風に診断しているんです。

病院・クリニックなんかでEDと診断されると、基本的にはED治療薬が処方されて終了です。特に、30代以降の男性の場合、器質性のEDと判断されやすくなるので、そういった場合は副作用なども考えたうえでED治療薬が処方されます。

しかし、比較的に若い年代に対しては、なかなかED治療薬が処方されないパターンが多いようです。

こういった場合は、心因性EDの可能性が高いからだと言われています。特に体に問題はないけど、ストレスやプレッシャーなどから勃起しづらくなっていることから、ED治療薬の処方を少し慎重になる場合が多いようですね。

僕から言わせると、心因性EDであろうが、ED治療薬を飲んで効果があるのであれば、処方したほうがいいと思います。

心因性EDは精神的なプレッシャーや失敗体験のトラウマで悪化することが多くあるので、それだったらED治療薬を病院が処方して、「ED治療薬があるんだから大丈夫!」という精神状態で一度成功体験させたほうがスムーズにいくと思います。

しかし、ED治療薬を飲んでしても、ダメだった・・・となると、いよいよ・・・ヤバイ!!となる可能性もあるので、リスキーであることは確かですが、、、、

バイアグラは性力をとりもどす?

性力剤っていえばバイアグラだなんていう人もちらほらいると思うが、あれはED治療薬っていって性力剤とは違うもんなんですよ。これ、僕もいろいろと勉強したんで間違いないと思います。日本でバイアグラを手に入れるためには病院にいって処方してもらうか、個人輸入で手に入れるかこの2種類しかないみたい。正規に手に入れるルートってことでわ!ほかのグレーなゾーンは調べてないのでわかりませんけど、そっち系の人だとほかにもルートがあるのかもしれませんがね~

バイアグラって勃起を促すだけの薬で、性力とは全く無関係なんですよ。ただ、勃起に関してはかなり効果あり!これは自分のあそこで実証済みです。本当にびっくりするくらい固く聳えたつんです。ただ、興奮するわけではないんですよね・・・・これが問題。僕的には思春期のようなあの気持ちよさがほしいのに、ただただ勃起が戻ったとしてもなんの魅力もないんです。あの中学生のころの何とも言えない射精の感覚がほしいのに、その感覚はバイアグラでは手に入らないです。

なんというんだろう、、、男ならわかってもらえると思うけど、中学生のころは自分でやっても夢精の時のように気持ちよかったと思います。ところが、今はどうですか?あのころの気持ちよさや快感はありますか?おそらく、ほとんどの人がないと思うんですよね。どっかで取り戻したいんですけどね・・・わかったことは、僕がいま求めているものはバイアグラじゃ無理だってこと!!ただただ、高くて恥ずかしい思いをするだけのED治療薬は今後、購入することはないでしょうね~。

バイアグラの勘違い

僕のとても無知で恥ずかしい話があります。

昔、バイアグラをの飲むと、自分の意思に関係なく勃起が維持できると思っていました。飲んですぐに2時間くらいは勃起したまま!って本気で思っていました。

今思えば、アホすぎる考え方です。

しかも、笑えないのが、これを信じていたのが20代の中頃ということです。恥ずかしい話です。普通に考えたらわかりますよね、バイアグラ飲んで勃起が1時間2時間収まらなかったら、どれだけ融通の聞かない薬なのか・・・

本当に僕はアホです。(笑)

そんな薬が全世界で流行るわけないです。

僕と同じく、バイアグラに絶対的な勃起効果があると思っていた人!!残念ながら、バイアグラやED治療薬は性的興奮がある程度ないと勃起しないっていう事実を知っておきましょう。

そして、射精した後は、興奮が収まるのでちゃんとふにゃふにゃになります。でも、その効果が2時間くらいは続いているので、第二ラウンドに行っても、勃起がし易い!ってことです。

ED治療薬はバイアグラだけじゃない!

バイアグラ=ED治療薬って思っている人も多いと思います。僕も昔はその一人だったので!

知り合いで「今のバイアグラは効き目が早いんだぞ!」なんて、すごく自慢していた奴がいますが、それはバイアグラじゃなくてレビトラっていうED治療薬だったっていう話があります。

もう、バイアグラ自体が勃起を促す薬の名前みたいになっていますが、違いますよ!ED治療薬っていう種類の中にバイアグラっていう名前の薬があるんです。

バイアグラはアメリカのフェザー社っていう会社が開発した勃起を促す薬だったのですが、その当時はその斬新すぎる効果でまたたくまに世界に広がったんです。だから、全世界で、勃起に効果がある薬=バイアグラとなったわけです。

まぁ、ここまで衝撃を与えたなら、しょうがないと思いますが、、、

でも、今では色々な会社がバイアグラと同じような効果のある薬を開発したり、改良したりで、バイアグラにない特徴を備えた薬だってあります。昔はバイアグラ1つだったのに、これだけ増えると、こういった勃起に効果がある薬はなんと言えばイイのか??

そこで、世界的に決められたのがED治療薬です。その前から、EDというのが世界的に浸透していて、EDを治療する薬っていうことで、ED治療薬となっているわけですね。

ちなみに、今のED治療薬にはバイアグラ、レビトラ、シアリスといった3大ED治療薬が主流になっています。日本の泌尿器科なんかで処方されるのもこの3つのどれかです。これらの後発医療薬であるジェネリック系のものもあります。

確か、ED治療薬のジェネリック系はまだ日本では申請がおりてなかったような気がします。アメリカなんかだと、認可が降りてバイアグラとほぼおなじ成分・配合の薬がかなりの格安値段で手に入れられますからね。

ネットのサイトでも個人輸入と称して、海外のジェネリック系ED治療薬を購入できます。

なかなか、入手経路が怪しいので、主流になるようなことはありませんが、本当にブラックでアウトなら国が動いてそのサイトを取り締まるでしょう。未だに、こういった個人輸入で海外の安いジェネリック系を販売しているサイトがあるのは、グレーなゾーンだからだと思います。

それか、海外にサーバーがあって日本の国で取り締まれないから!っていうパターンかな?

大手動画サイトのFC2なんかは、海外にサーバーがあるから日本の法律は適用されないとか?っていう噂もありますね。本当のところ、どうなのかはわかりませんが、、、

とにかく、ネットだと安くED治療薬が処方箋無しで購入できるのは事実です。僕は危険だと思うのでオススメしませんが、、、

 

こんこんと込み上げる性力とストレス

昔は性力ってこんこんと込み上げていましたよね・・・いつのひかこんな力もなくなってしまうんですけどね・・・かくにも、あの思春期の頃のあの性力を今、100万円で取り戻すことができるのなら、すぐにでも金融会社にいって金を借りてとりもどすだろうな~なんて思います。

それほどなくなってしまった性力って返してほしいものなんです。なんでこんなにも手に届かないところまでいったのだろう。。ともいえ、そんな性力を取り戻すことができない現状。かといっても、女性は求めてくる日々。こんなストレスがまたもや僕の性力をうばっているような気もする。なんかデフレスパイラルを天井の見えない螺旋階段のようにさせられた気分で、もはや半ばあきらめがちな自分がまた性力を下げているような気もする。

はぁ、つらい。普通に生きるのもつらくなってくるレベル。男にとってここまで性力って重要なのか?むしろ、この性力の悩みをわすれることができたら、あのころの性力を取り戻すことができるのではないだろうか?そんな風にも最近思ってしまうわ・・・・

ストレスで性力は低下するのか?

ストレスが勃起に影響しているのは、仕組みからわかります。しかし、性力に関してはストレスというものはあまり関係ないようにも思います。

実際どうなのか??

僕の考えでは、関係していると思います。

ストレスといってもこの場合は、性的なストレスじゃやなくて、日常生活のストレスってことです。人間は寝ている時以外はストレスを常に感じているッて言われているほどストレスに日常からさらされています。

仕事がうまくいかなかったり、とても重要な仕事をまかされたり、お金の問題で悩んだり、子育てでなやんだり、おとなになると悩むことや考えることは多くなると思います。

そういったものもストレスとなり、自分の体や精神を蝕んでいるんです。そして、その悩みや問題が大きくなりすぎると、性力は絶対に低下してしまいます。というよりも、そんなこと考える暇や余裕もないと思います。

要は、ストレスが大きすぎて、性行為に集中できなくなるんです。

うつ病の人がEDになったり、性力が全くわかないっていうのは、こういったストレスにより、脳がリラックスできなくなっているからです。うつ病やうつ気味な人は悩みやストレスのせいで、脳に余裕がないんですね。

性力を高めたいのなら、まず、脳の悩み・ストレスを軽減させないと!!

そういった意味でもストレスと性力って関係が深いんです。

人によって性力スイッチは違う

性癖なんていう言葉もあるように、男が性的興奮を感じるシュチエーション、モノ、事など全然違います。まさに十人十色。

性癖とまではいかないまでも、ムラムラと性力が込み上がるタイミンは人によって違います。

これが自分でわかっていれば、興奮を高めるのも割りと簡単にできます。

例えば、やけに赤色に興奮するとか、ベッドよりも畳に布団を敷いたほうが興奮するとか、、、

こういうのが分かっていると、中年や初老になった時に、試してみるといつもと違うちょっとした変化から性力スイッチがオンッ!!ってなる可能性があります。

中年以降になると、パートナー(妻)に対して、なかなか興奮するのが難しいっていう人はたくさんいます。(居酒屋なんかではもっと酷い言い方していますが。。。笑)

自分が歳をとれば結婚相手も歳をとるわけだから、容姿は老化してしまいます。若い子のほうが良いっていう人はほとんどだと思いますが、ある意味、自分で自分の興奮を操れるようにならないと、中年以降の性生活はうまくいきませんよ。

交感神経が盛んな時間をいかに減らすか!?

自律神経は交感神経と副交感神経で別れています。

交感神経はストレスを感じている時などに、盛んになります。まさに、戦闘態勢になっている状態。反対に副交感神経は寝ている時などに盛んになっている、リラックスしている状態です。

勃起は副交感神経が盛んになっている状態ではないと成り立ちません。どういう理由であっても、男の勃起の仕組みがそうなっている以上しかたありません。

ストレスや精神的な要因で勃起や性力が低下してしまうのは、交感神経が盛んになっている時間が多すぎるからです。

基本的に人間が目覚めて日中に活動している時は交感神経が盛んになっています。

嫌なことがあっったり、プレッシャーがかかったり、ストレスを感じたりすると、余計に交感神経が盛んに動きます。

では?どうすれば交感神経を盛んにさせず、減らすのか!?

それは、副交感神経を盛んにさせるしか方法はありません。

ストレスや嫌なこと、悩みなんていうのは、自分が操ることが難しいものです。だから、ストレスを無くせ!と言われて、なくせるもんでもないんです。

だから、交感神経の盛んな時間を減らせ!ッて言われても、難しい話なんです。

副交感神経を盛んにさせた方が話が早いわけです。

とにかく、自分がリラックスできる時間を増やす。それだけで、勝手に副交感神経が盛んに動いている時間が増えていきます。

寝る時間を増やす、風呂に入ってリラックスできるなら少し長風呂にする。面白いTVを見ている時はなんだかリラックスできているのであれば、その時間を増やしてみたり。

日常生活で自分がリラックスしている時間っていうのを探して、その時間を伸ばしてみましょう。きっと勃起・性力だけでなく、気持ちが楽になりますよ!!

性力を取り戻す

正直、まったく性力にもんだいない人はそう思うと思います。はっきりいって20代の時は少なくともそう思っていました。このみなぎる性力がつきることは絶対ないなんて思っていました。ところがある日を境にどんどん低下していったのです。

始めは中折れから・・・正直、男として中折れを経験してしまうと自信がなくなってしまします。はじめは「はははっ」なんて笑っていましたが、それから何度やってもあそこの硬度が気になりだす。あれ?これって俺のいまのマックス?こんなだっけ?普段なら何も思わなかったのに、中折れを経験してから、なぜか気になってしまう。もしかして、興奮度が足りないからなのか?なんていう憶測も考えたが・・・そんなことを考えていると性力というものがなんなのかよくわからなくなってきた・・・・

ん?性??力???んん?ここで初めて知る。性力は自分の意志でどうにもならないことを!!腕に力を入れることはできる。足に力をいれることはできる。自分の意志で力を入れることは造作もない。ただ、性に関しては力を入れようと思っても入れることできなし、むしろ反対に動いてしまうのだ。だそう!だそう!と思うと、どんどん奥へいってしまうのだ。

若い男の性力増強は簡単!

若い男の中でEDが増えているっていう情報をよく耳にします。

クリニックや病院のデータなんかでも、近年は若者の間でED患者が多いということがわかります。ストレス社会や乱れた生活習慣、デスクワークなんかが主な原因ではないかといわれています。

しかし、管理人の経験と分析から言うと、若者の性力増強やEDの回復っていうのは、基本的に簡単だと思っています。

若者のEDや性力減退のほとんどは心因性です。精神的な理由によって低下しているんです。

性力や勃起のメカニズムからみても、精神というのは重要なポジションにいます。むしろ、精神的に問題があるとリラックスできる状態が作りにくく、結果的に勃起に大きな影響を与えてしまうんです。

そして、自律神経という問題があります。

自律神経とは精神と互換性の高い神経で、精神的な問題があると、バランスを崩してしまいます。

慢性的なストレスやトラウマ、不規則な生活習慣っていうのは自律神経のバランスを崩す最大の理由だといってもいいでしょう。

交感神経と副交感神経が自律神経にはあって、副交感神経はリラックスしている状態に優位になります。男が勃起している時や強く勃起するには副交感神経が優位になってリラックスしている状態でないといけないんです。

そういった意味でも、肉体の限界でEDや性力減退になっている中年・初老よりも、若者で悩んでいる方が比較的簡単に問題が解決するというのが管理人の考え方です。

もちろん、精神的な方が厄介というふうに考える人もおおいでしょう。

しかし、身体的に限界が近い人と比べると、やはり精神的な問題で勃起・性力の悩みは救いがあるように思えますね。

友達の心因性EDの話

管理人の友達で、高校生の時にEDの検査に行ったやつがいます。

今思い出しても、面白い話です。僕は付き添いでついて行ったので、彼がとてもブルーな顔をして診察室から出てきたことを覚えています。

なぜ、病院に検査まで行ったのか・・・??

それは、当時の彼女とそういう時が何度もあったにも関わらず、本番(挿入)になると、フニャってしまうからという理由から。

高校生という思春期でサル並みの性力を持っていながら、そんなことがありえるのか?と当時の僕は爆笑していましたが、今考えればとてもひどい話です。

ムラムラして、性力マックスなのに、こと本番になるとフニャってしまうわけですから。

これってまさに心因性のEDなんですよね。若者に多いと言われる典型的なパターンです。

僕の友だちは、それを体の異変と思い病院で検査したのですが、返ってきた回答が「心の問題・精神的な問題。だから、そんなに気にしなくていいよ!」という一言だったらしいです。

うすうす感じていたらしいが、その友達いわく「まだ、体に問題があったほうが良かった・・・」とブルーになっていたんです。

今思えば、羨ましい話です。

中年・初老の男性は、「身体の老化」「もう若くないんだから当然!」なんて言われるわけですから。

どっちが絶望感が大きいかは考えればわかりますね。

しかし、僕の友達は”精神的な理由なんて、ダサい・・・”っていう発想だったので、この診断結果に愕然としていたわけです。確かに、自分が思春期の時に心因性EDなっていたら、人に言えないダサい悩みだったでしょうね。

管理人の考えでは、心因性のEDは鍵をなくしてドアが開かない人、器質性のEDはドアが壊れて開かない人って感じで捉えています。

※器質性EDとは、身体の老化、内臓機能が低下することでEDに陥ってしまうこと。

鍵を探すか、壊れたドアを治すか?

どちらが簡単なのか。。。歳によっても考え方は違うと思いますが、やはり精神的な悩みで勃起の問題を抱えている方がまだマシだと考えてしまいます。

無い物ねだりなのかもしれませんがね!!