さてさて、おなじみの性力剤屋さんである「あかひげ薬局」。夜の少しエロい番組のコマーシャルなんかでも有名ですよね・・・ホテルの紹介の間にあかひげ薬局のコマーシャルがけっこーあったことを覚えています。

当時はそんなもんなて使うかってーなんて思っていましたけど、ついに使ってしまう日がくるんですよね。大阪に住んでいるんで、あかひげ薬局はわりかし近くにあるんですけど、いざ入るとなるとかなり勇気がいる・・・・なんども店前まで行ってはとおりすがった記憶があります。

あたかもあかひげ薬局をひさやしにいったかのようにちらっと外から店内を見て通り過ぎるという行動を3回くらいしたと思います。はぁぁ、また今日もいけなかった・・・・なんてことありましたが、ネットでいろいろと性力剤探していたんですけど、奇跡が起きました。

なんと!!あのあかひげ薬局にWEBサイトがあるではありませんか・・・・!!正直言ってかなりの衝撃という気持ちと、何回か目の前までいった僕の行動はなんだったんだ・・・なんて思いました。そして、ついに購入。あかひげ薬局の入門性力剤「ハレム王」です。かなり評判イイみたなんでわくわくしながら届くのをまった覚えがあります。

閃乱カグラ Burst -紅蓮の少女達-とあかひげ薬局のコラボ

c20120904_kaguradrink_01_cs1w1_300x

これはもうネットでは一度話題になった商品です。

最近、けっこーアニメやゲームのキャラクターとコラボ商品って増えていますけど、ついには性力増強剤ともコラボするっていうありさま。

やっぱり、アニメ好きっていうのは、どんなコラボ商品でも、そのアニメキャラクターが好きだと買ってしまうものなのか??なんだか、アニメコラボ系ってオカネの臭いがぷんぷんとしてきますね。

管理人はワリとアニメを見るほうだと思いますが、このアニメは見たことがありませんね。ややそっち系のアニメなんでしょうかね?じゃないとコラボなんていう話があがるとは思いませんが、、、

ちなみに、この性力増強剤、コラボ商品とはいっても、わりとちゃんとた成分・栄養が含まれて居ます。

フェネグリーク種子エキス末、カフェイン、高麗人参エキス、オットセイキャロペプタイド、ビタミンC、B1、B2、B6などです。

けっこーこういう商品って原価を落として、話題性で売ろうとする会社やメーカーは多いと思いますが、性力剤をよくしっている管理人の分析的にも悪くはない商品です。

ドリンク剤なので、その日に飲んでっていう感じです。

内容量50mlで、価格は1,575円(税込)。

c20120904_kaguradrink_02_cs1w1_x720

こんなバージョンもあります。まさにアニオタから金を巻き上げようとして、種類をつくってコレクトさせよう!っていう感じですね。(笑)

買う人のほとんどは使うというよりも集めるって感じだと思いますが、、、

※追記

アニメ!って言ってましたが、どうやらニンテンドー3DS専用ソフトらしいです。すみません。『閃乱カグラBurst(バースト)-紅蓮の少女達-』というゲームソフトのようです。

あかひげ薬局の原料

あかひげ薬局の原料ってゲテモノ系が多いです。

マムシ、オットセイ、すっぽん、ハブ、馬の睾丸、トナカイ、イッカク、かまきりの卵…などなど、名前を聞くだけだと罰ゲームといわんばかりのラインナップですね。

基本的にあかひげ薬局は性力剤の中でも漢方系なので、こういった原料を使った商品が多いんです。

最近の性力剤のほとんどは西洋系の感じが多いです。原料ではなく、成分を組み合わせて作られています。どちらが良い悪いというわけではなく、これって医学的な考え方の違いです。

漢方系っていうのは、色々な原料(漢方で言うと生薬)を組み合わせて、体の機能を高めて効果を発揮させるという考えです。反対に西洋医学(西洋薬)は有効成分を使って、菌や悪いモノを死滅させるっていう考えになります。

だから、性力剤をひとつとっても、違いがでてくるんです。

漢方系のあかひげ薬局なら、上記で上げた原料を組み合わせて作られており、西洋系のように性力サプリに近いものは、ビタミンB群、シトルリン、アルギニン、亜鉛といったように、成分単体を組み合わせて作られています。

最近では、漢方系の原料もつかい、西洋的な考え方で、単体の有効成分も含まれている性力剤が主流になりつつありあす。

たとえば、マムシ・すっぽんをメイン原料にして、その組み合わせて不足しているところを、ビタミンや亜鉛といった単体の成分で補うといった形になります。最近で人気の性力剤はほとんどこんな感じです。

あかひげ薬局の性力剤も増えてきています。