2014年 1月 の投稿一覧

精力剤ってどこで買うべき!?

精力剤ってどこで買うの?そんな素朴な疑問がある。あんなもん買っている人はどこで買っているのか?もしかして薬局?ドラッグストア?・・・だとしたら、とんでもなく恥ずかしと思う。精力剤を買うのにも度胸が必要となる事間違いなし。ネットで買うのが一番いいのかもしれないですね!!別に顔がばれるわけじゃないですし、自分の知り合いにバレる心配もないので、これが一番いい方法だと思います。

都会だと精力剤専門店みたいな店もあるようですが、自宅の近くにあったとしてもかなりの勇気がないと無理でしょうね。かといって病院まで行って処方されるのも辛いものがあります。やはり、どう考えてもネットを使って専門店を探して購入するしかないんでしょうね!!

また、強壮剤などになると数か月服用を続けないと効果がないので、何度もリピーターとして買わなければならない状況になるので、なんどもドラックストアに行って同じものを買うっていうのも憂鬱ににります。

その点でいえば、ネットは定期購入っていう購入方法もあるのでそっちの方が全然ましだななんて思います。臆病な男にとってどうどうと精力剤を買う事は至難の業ってことなんだよね・・・その辺をよく考えて自分に合ってる買い方をするべきだと思うのよ!!

精力剤は今やネット通販で購入するのが一般的になってきました。最近ではドラッグストアや薬局などでも見かけます。ましてやコンビニでも売ってあるのを見たことがあります。

これは精力剤と言うものじたいが、大衆向けの滋養強壮剤にいこうしてきたからだと思われます。滋養強壮剤といえば健康にも効果的なので、近年の健康ブームによって一般的なってきました。もともとは精力剤の一種だった滋養強壮剤ですが最近は大衆向けだと言ってもいいでしょう。できることなら、精力剤は専門店で購入するのが一番です。

これは効果の良しあしがハッキリでますからね!!専門店の精力剤とドラッグストアなどで売ってある精力剤なのでは、配合されている成分・原料の質が違いすぎます。っということは効果も全く違うって事です。

安物買いの銭失いという言葉があるように、精力剤もそれなりの値段で購入した商品の方が効果や効能が高いんですよ!!専門店で言うとあかひげ薬局が有名ですが、あかひげ薬局はかなり高いです。

特に滋養強壮剤は2万円以上するものがほとんどになります。他にも専門店はたくさあります。実店舗を持っている精力剤専門店は少ないですが、ネットショップで探すと良質な滋養強壮剤を売っているところはけっこーあるんですよ!!

精力剤(性力剤)の専門店ピックアップ

ゲームの専門店、ゴルフの専門店、パソコンの専門店、、、なんかは何となくピンときますが、「精力剤の専門店」となると心当たりがある人ってかなり少ないんじゃないでしょうか?

管理人も精力剤を初めて買うまではまったくもって知識皆無の状態でした。

でも、ネットで色々と調べたりするうちに精力剤の専門店というものが存在することを知りました。しかも、僕が知らないだけでけっこーな数があるんです。そんな管理人が知っている精力剤の専門店をご紹介したいと思います。

あくまでも専門店っていうのは僕の基準なので、正確性はよくわかりませんが、初めて精力剤を買う人には心強い情報だと思うので、掲載したいと思います。

あかひげ薬局

akahige

これは定番中の定番です。当サイトでも何度か取り上げている精力剤の専門店です。TVのコマーシャルなどもしているくらい知名度のあるけど、知らない人は知らないかもしれませんね。

管理人は幼いころに深夜の番組の途中であかひげ薬局のCMが流れていた記憶があるので、知っていました。

そんな知識皆無の僕が知ってたくらいなので、精力剤の専門店としてはナンバーワンです。精力剤はもちろんですが、夜のアイテムの品揃えも豊富だし、何よりも「精力剤一本」っていうスタイルが専門店の証ですね。

今ではネットショップもあるので、いちいち恥ずかしい思いをしながら店舗で買う必要もなくなりました。精力剤の専門店のリアル出店の数だとあかひげ薬局がグンを抜いていると思います。

全国で11店舗もあります。(札幌店、東京大塚店、新橋店、横浜店、新宿店、名古屋店、名古屋栄店、なんば店、大阪店、広島店、福岡店)

都心に住んでいる人なら赤い看板で中華テイストのお店を見かけたことあるんじゃないですか??

百花堂

hyakkadou

百花堂は聞いたことがない人が多いと思います。でも、精力剤の中では有名な専門店です。海外の医薬品や精力剤・媚薬といった商品を多くラインナップしている専門店です。

管理人としては怪しい・・・と思ってしまうので、一度も購入したことがありませんが、品揃えや豊富で、ネットで購入できるので、利用している人は多いと思います。

また、百花堂のネットショップでは多くの口コミが掲載されてあるので、気になる商品があったら使用者の口コミをチェックすることができますよ。

威龍専門店

iryuu

漢方系精力剤で有名な威龍シリーズを取り扱っている専門店です。威龍を製造している会社ではありませんが、販売としては威龍を専門的にしてくれているので、とても人気のネットショップです。

中国系・漢方系の精力剤と聞くと、ちょっと怖がる人もいますが、威龍シリーズは使用者も多く、威龍しか買わないっていう人がいるくらい、ファンが多くいる精力剤シリーズなんですよ。

威龍以外にもマカなどを使った滋養強壮剤系の商品も取り扱っていますが、基本的に威龍を買う時にお世話になっています。

専門店が必ずしも良いわけではない!

色々な精力剤の専門店がありますが、かならずしも専門店でなきゃダメ!っていうわけではありません。

最近だとサントリーやDHCなどでも、メンズサプリと名を評して販売されている精力剤だってあります。そういった商品でも人によっては全然効果があるし、こういった大手のほうが安心して購入できるっていう人もいると思います。

また、商店街なんかで滋養強壮や漢方を専門に扱っているお店なんかもあります。

滋養強壮剤の専門店の商品は本当にびっくりするくらい高級で、これ誰が買うの?って言うくらい価格のものもあります。そういった意味でも、必ずしも精力剤の専門店で精力剤を買うべき!っていうことはないんです。

もちろん、新しく販売されている精力剤だってたくさんあるので、これらはプチ専門店ではありますが、知名度としてはまだまだなので怪しい・・・と思いますが、買って試してみると「今までで一番良かった!」っていうパターンもあります。

管理人もそういった経験をしたことがあります。

だから、専門店っていうのはあくまでも基準ってことですね。精力剤のよし悪しではないです。でも、初めて精力剤を買う人からすれば、ネームバリューがあるお店は安心感があるので、そういった人にはオススメです。

性力剤ザ・ゴールド(THE GOLD)

新しい性力剤を見つけた。といっても前々から人気の商品みたいだが、僕自身がみたのは初めてっていうこと。その名もゴールド。まぁ定番の名前って感じだが、僕と同じように性力で悩む男性が多く愛用している商品みたいだ。滋養強壮剤サプリメントっていう感じで、飲んですぐに効果が現れるっていうわけではないが、長い間愛用していればどんどんその効果を発揮してくれるみたいだ。確かに、飲んですぐ効く性力剤って持ち歩くか、家にストックしておかなければならないのが痛い点だ。

その点こういった滋養強壮剤タイプの性力剤は飲んで治ってしまえば、セックスレスでも性行為を続けることができるのだ。どちらかというと、僕自信、根本的に性力減退を改善したいという意識はあるが、あまりにも高いので躊躇していたっていうこともあったが、この年になると年収もボーナスも上がってきて、少しお金の余裕がでてきた。要するに、自分の健康管理のために、月に2万円、3万円を費やしても生活が苦しくないって状況になったのだ。

よくできている世の中だ・・・体の健康が失われるかわりに、給与が増えて健康にお金を使えるようになる。若い時は体の健康はあったが、給与が少ない・・・なんというない物ねだり。人生っていうのは上手くできているんだなとしんそこ思うわけだよ。

極みGOLDではなくThe GOLDという性力剤

性力剤ゴールドについて、いろいろと調べた結果、多くの性力剤でGOLD(ゴールド)っていうネームが使われているみたいです。

なんでこんなにニッチな商品で商品名がかぶるの?と不思議でならないが、実際に性力剤でゴールドとググってみると、ゴールドというフレーズはかなり使われている。

確かに、「夜の~」「○○王」なんていう名前も性力剤の定番といえば定番ですね。こういったフレーズって男心をくすぐるものなのかな?と思ってしまうほど世の中にありふれています。

それで、ゴールドというフレーズを使っている割と有名な性力剤が「THE GOLD(ザ・ゴールド)」と「極GOLD」という商品です。

THE GOLD(ザ・ゴールド)

gold

販売価格:12800円

成分:ソフォン、亜鉛、 酵母、銅酵母、セレン酵母、マンガン酵母、クロム酵母 、グルタミン、チロシン、アルギニン、シトルリン、ロイシン、イソロイシン、バリン、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB3、ビタミンB6、トンカットアリ、イチョウ葉エキス

極GOLD

kiwami_gold

販売価格:13900円

成分:L-シトルリン、L-トリプトファン、L-オルチニン、トンカットアリ牡蠣エキス、唐辛子エキス、L-アルギニン、マカ、カンカ

商品名もさることながら、パッケージもよく似ている商品です。もしかして、同じ会社が作っている性力剤シリーズなのかも?と思い調べてみると、全く違う会社が製造と販売をしていました。

というよりも、これはパクリといってもいいでしょう。。。

ちなみに、先に販売しているのは上記の「THE GOLD」っていう商品です。その数年後に極GOLDっていう性力剤が販売されています。

似たようなパッケージに似たような商品名ですが、成分表をみて分かる通り、まったく違います。

THE GOLDの方はソフォンや亜鉛、シトルリン、ビタミンB群などを中心とした栄養素に対して、極GOLDの方がはトリプトファンやオルニチン、マカ、カンカといった栄養素を中心に作られています。

もちろん、同じ成分を使っていますが、これは性力剤ではあるあるの話です。

シトルリンやアルギニンなどは、男の性力増強には定番と言っていいほどの栄養なので、最近の性力剤の成分表をみれば8割方は含まれている成分です。ちなみに、調べた結果では、極GOLDは成分表からみても、性力剤というよりはペニス増大系の商品みたいです。

なんともややこしい類似商品ですね。

管理人が冒頭で説明していた性力剤はTHE GOLDの方です。

高額なのに評価が高いTHE GOLD

ザ・ゴールドという精力剤は12800円で1ヶ月分という、なかなかの高額ぶりなのですが、けっこー評価が高く人気の性力剤です。

愛用者も多く、滋養強壮剤といった感じの商品なので、中年男性をターゲットに割りと人気になっているみたいです。管理人もそんな中で興味をもった一人ではありますが、、、、

そもそも、ザ・ゴールドという性力剤は販売者(製造業者)自らが、この性力剤を服用してEDを克服したという、いわば実績のある商品らしく、そういった実績が中年の男に共感を得たり、購買意欲をかりたててくれて、藁にもすがる思いで買っているんでしょう。

それと健康も視野に入れているっていうのも大きいと思います。

我々のような中年は精力減退や勃起の低下とセットにして、体にガタがくる年頃です。

「昔はこんなことなかったのに・・・」と医者に言ったとしても「そりゃ、この歳なんだから、そういった機能の低下が現れても不思議ではない。むしろ自然だよ」なんていう冷めた言葉が返ってきます。

そして、最終的には「生活習慣による日頃からの健康。歳に合わせた健康管理」という助言が落とし所って感じです。

こういった医者のアドバイスから、中年の男になると健康管理や健康習慣っていうのは、否が応でも脳内に刷り込まれてしまいます。そこで、健康維持も考え、それでいて悩んでいる性力や勃起に対して効果的な性力剤なわけですから、一石二鳥に感じます。

中年男の健康は男性ホルモンが最重要ですからね!

そりゃ、僕みたいな中年男からすると、「まさに自分に最適な商品」っていうふうに思ってしまいますから、支持が高くなるのも当然なのかな~なんて思います。

食べ方と食べ物で精力が上がる!!

なんともうれしい朗報!!食べ物と食べ方で簡単に精力を回復することができるみたいです。

「精力の衰えは避けられない老化現象ではなく、大半は食事を変えると解消される一時的な生理現象です。不適切な食習慣が精力減退を招いている場合も多いですね」

引用:“食べ方”と“食べ物”の改善で精力はみるみる甦る | 日刊SPA!

確かに、食事っていうのはかなり大切なんだと思う。よくある、どようのウナギとか、ニンニクとかすっぽんとかなんだかんだいって、男の体って食べ物で精力が高まってくるんですって!!

昔、焼き肉とか行って体力付けていざ!!なんてこともよくあったな~なんて思い出します。これが大切なんだね!!食べ物も大事だけど、食べ方も大切らしいですね!!「よくかんで食べる」「消化器官に負担なく食べる」この2つを気を付けておけばOKみたいですね!!なんだか子供の頃に言われていたことをやるっていう簡単なことのような気もします。やはり、人間のエネルギーは食からとるのが一番みたいです。

サプリメントとかで足りない栄養を補給するのはいいんだけど、基本的には「足りない栄養を!!」っていう意味だから、基本ベースは食事なんです。この食事や食生活がおろそかになってしまうと一番危険!!特に男の精力にはかなり大きなダメージを与えてしまうのです!!ほうほう!!これはかなり勉強になりました、気長に食生活の改善を続けていって元通りの姿に戻していこうかなって思っています。もぜひやってみてください!!

性力アップの成分を食材で紹介!

性力アップの成分や栄養素は、たくさんあります。例えば、亜鉛だったり、アリシン、ビタミン類などは、性力アップには定番と言っていいほど、有名な成分です。

しかし、成分だけ教えられても、、、、と毎回思ってしまいます。そこで、性力アップに役立つ成分を豊富に含んでいる食材で紹介していきたいと思います。

亜鉛を多く含む食材

亜鉛を多く含む食材は「牡蠣」。

亜鉛といえば、男性ホルモンの分泌を促したり、精子の成分友いわれているミネラルです。しかも、すい臓の働きを助ける作用もあるので、血液中の血糖値の下げる効果なんかあります。

海外では亜鉛をセックスミネラルとも読んでいます。それほど、男の性力に関係のある成分ってことです。その成分を効率良く豊富に摂取するなら、牡蠣が一番ですよ!!

アリシンを多く含む食材

アリシンを多く含む食材は「タマネギ」「ニンニク」「ニラ」などのネギ類。

にんにくやニラなどは性力アップには欠かせないと言ってもいいほど、どのコンテンツでも言われていますが、その理由はアリシンという抗酸化作用が高い成分を豊富に含んでいるからです。

タマネギ、ニンニク、ニラなどは、けっこー匂いも強い食材ですが、それこそがアリシンが豊富に含まれている証拠です。

滋養強壮としてもアリシンは高い効果があるので、滋養強壮剤(強壮剤)にもよく見かける成分です。それほど、性力アップには欠かせない成分・栄養素といことをお忘れなく。

ビタミンEを多く含む食材

ビタミンEを多く含むのはアーモンド、ピーナッツ、イクラ、うなぎ、抹茶など。

ビタミンEは男性ホルモンやホルモン分泌の司令塔とも呼ばれる「脳の視床下部」の働きを活発化させてくれる効果があります。

男性ホルモンが分泌されるのは、脳の命令によってです。

その命令を出してくれるのが脳であり、視床下部なんです。この司令塔が栄養不足であったり、老化してしまうと、男性ホルモン生産の支持が上手くできなくなるんです。

アルギニンを多く含む食材

アルギニンは色々な食材に含まれている栄養素ですが、特に目立って多く含まれているのは「魚介類」「大豆類」になります。

魚介類・・・鰹節、しらす、海老、マグロ、カツオ…

大豆類・・・湯葉、きなこ、ラッカセイ、アーモンド、ゴマ…

他にも鶏肉や牛肉などにも比較的多く含まれています。

アルギニンは成長ホルモンを分泌する上で欠かせない成分で、子供の成長などで積極的に摂取することがありますが、大人になっても重要な栄養素なんです。

特に血管の健康に関して有効な栄養素になるので勃起に置いて重要な存在になります。アルギニンと似た成分でシトルリンがありますが、体内でアルギニンがシトルリンへ変換されるときに一酸化窒素と呼ばれる血管を拡張してくれる成分を発生させます。

この一酸化窒素が男が勃起する上でかならず必要になり、これが少ない(または発生しづらい)状況はEDに近いということになるんです。

シトルリンを多く含む食材

シトルリンを多く含む食材と言えば「スイカ」です。そもそも、シトルリンという成分はスイカから発見されたものです。

他にもウリ科に含まれていますが、スイカが圧倒的なので、シトルリンを食事から多く取り入れたい人はスイカ一択だと思っていいでしょう。

上記でも少し紹介しましたが、シトルリンとアルギニンはとても似ている成分です。どちらが優れているとかいう有列はなく、体内でシトルリンとアルギニンはグルグルと変換し続けているんです。

シトルリンが体内に入ると代謝によってアルギニンに変換されます。そのアルギニンはまたシトルリンへと変換されます。つまり、両成分はとても関係が深い成分なんです。

そして、その変換されるさいに一酸化窒素を発生させてくれるので、血管の健康維持に役立ち、今ではアスリートの世界でもシトルリンは注目される成分となっています。

アルギニンよりもシトルリンの方が体内での吸収が良いため、効率的に血管や健康管理ができるためサプリなどでも用いられています。

野菜もいいけど脂質も重要

ビタミンやミネラルといった成分や野菜や豆類、海藻類といったものから摂取できます。要は健康的な食として野菜や豆類が多く取り上げられていますが、性力としてはやはり脂質も重要です。

性力アップには肉!!!っていうのも忘れてはいけませんね。

肉というより、動物性の脂。つまりコレステロールです。

なんだか健康番組などのせいで、コレステロール=悪者みたいな認識が多くなっていますが、コレステロールや糖質は健康のためには欠かせない存在の栄養素です。

警戒しなくても勝手に摂取しているっていう理由から、控えるようにと注意されるコレステロールですが、男の性力アップには絶対的に必要になります。自分で足りていないと思っていて、性力減退などの節がある人は、コレステロールを気をつけて摂取するだけでもいいかもしれません。

要は、取り過ぎなければいいですし、摂取するコレストロールに伴ってビタミンやミネラルもバランスよく摂取すれば問題ありません。

そもそも、男性ホルモンの主原料となるのはコレステロールです。コレステロールが体で足りていなければ、男性ホルモンを生成することは不可能なんです。そういった状態なら性力が低下するのも当然です。

男性ホルモンの減量が足りていないわけですから。

最近では、草食系男子という言葉もあります。まぁこれは男の正確を表している言葉なので、食生活のことを言っているわけじゃありませんが、言葉通りに野菜などが主体の食生活は絶対に性力を低下させてしまいます。

性力を増強したければ、やはり肉食系でないといけません。

強壮剤のポテンシャル

最近、精力剤の中でも強壮剤がかなり人気みたい。おそらく、健康ブームにあやかったいる部分もあるんだろうね!!確かに、僕も強壮剤はいいと思う。特に、初めて精力剤に手を出す人にはオススメしたいとも思う精力剤だ!!その理由は、「根本的な精力問題の解決」という強壮剤の特徴があるからである。

おそらく、ほとんどの人は「精力剤を飲む=精力が上がる」と思っているんだろうけど、精力剤ってのはそいったものではない。これはバイアグラのような効果なのだ!!しかも、バイアグラは精力をアあげるのではなく、裏技で勃起させるといった感じ。普通の精力剤でも効果が早い種類もあるが、それは精力減退や勃起不全の根本的な解決になっていない。むしろ、それなしでは満足に性行為ができない自分を知っておかないといけないのだよ!!

強壮剤はバイアグラや即効性のある精力剤とは違って、自分の体の機能(精力器官・臓器)を高めることによって精力減退や勃起不全を治す意味合いなので、強壮剤をつかって治ってしまえば、昔の自分に戻れるというわけだ!!50代くらいなれば、勃起不全・・・精力減退・・・なんてあきらめることができるかもしれないが、30代や40代でこういった悩みがあるのならば強壮剤を使って、昔の自分の生殖器官を元に戻すことに執念を覚えたほうがいいと思うのだ。

ハゲたからってヅラをかぶるより、育毛剤で髪が生えてきた方がいいでしょ?それと一緒なんですよね!!バイアグラ=ヅラ強壮剤=育毛剤だと思ってもらえればわかってもらえやすいのではないだろうか?だからこそ、若い人や初めて精力剤を手にする人は「強壮剤」を選ぶべきだと僕は思うわけ!!

和食は強壮剤のポテンシャルを秘めている

和食に限らず、バランスの取れた食事は強壮剤ほどの性力に効果的な栄養素ではないまでも、日常から性力や体の健康を助けるための栄養が豊富に含まれています。

たとえば、生野菜や果物なんかは食物繊維とビタミン、ミネラル、フィトケミカルといった栄養素が含まれています。しかし、毎日の食生活で、絶対に生野菜がある、果物があるっていう献立を食べている男がどれだけいるでしょうか。。。

僕の統計上、多くて2割くらいだと思います。それ以外は、ほとんど毎日生野菜・果物を食べていないと思います。

ちなみに、こういった生野菜や果物には酵素が多く含まれていて、抗酸化効果もあるので、歳をとっている人ほどオススメです。

人間の体が老化してしまうのは、酸化してしまうからです。(おそらく中学校の理科の時間で習っていると思います。)要は、体がサビてしまっていくってことですね。

鉄がサビるのも表面が酸化してしまうからです。それと一緒のことが人間の体でも起こっているんです。そして、その酸化を防ぐ栄養素などが酵素であり、抗酸化能力が高い栄養素なんです。

ビタミンAやビタミンC、ビタミンEなんかはビタミンの中でもまとめて「エース」なんて呼ばれています。このエースビタミンはがん予防にも有効的で、その理由が抗酸化作用が高いからなんです。ちなみに、別名で抗酸化ビタミンなんて呼ばれています。

抗酸化ビタミン(エース)が多く含まれている食べ物

野菜(緑黄色野菜)

  • 人参
  • ホウレンソウ
  • かぼちゃ
  • ピーマン
  • ブロッコリー
  • 果物
  • レモン
  • キウイ
  • いちご

海藻類

  • ヒジキ
  • ワカメ
  • のり

種実類

  • アーモンド
  • ピーナツ

これら食品は抗酸化の栄養素をとても豊富に含んでくれているので、老化防止という意味でとても有効な成分になります。

つまり、強壮剤のポテンシャルを持っている食品ですね。

ミネラルも重要な抗酸化栄養素!

ミネラルにも抗酸化効果はあります。そもそも、人間の体の4%はミネラルでできていると言われています。そして、人間の体でミネラルは作られないということ。

基本的にわれわれ人間は、体の中で必要な栄養素を作ることができません。(吸収しやすいように、栄養素を変換させたりはしますが、、、)

だから、人間は食べる・飲む以外で栄養を体に摂ることはできないんです。もちろん、体で生成されている栄養素もありますが、それだけでは生きていくことすらできないのが人間です。

そして、よりよく体を健康に保つためには、豊富な栄養素を的確に取り入れておくことが重要なんです。

  • ナトリウム
  • カリウム
  • カルシウム

これらはミネラル成分です。よく聞く名前でしょ??

そして、これらミネラルは人間の体で作られることができない、つまり、食べたり・飲んだり、外部から摂取しないといけない成分なんです。こういったミネラルを必須ミネラルと言います。(必須アミノ酸なども同じ意味合いです。)

ちなみに、人間の必須ミネラルは16種類あります。

そして、抗酸化作用が強いミネラルはセレン、銅、亜鉛、マンガンなどです。これら単体の成分が抗酸化作用があるわけじゃありません。要、このミネラルは抗酸化作用のある栄養素をサポートするための栄養素になります。

抗酸化の主人公的なポジションは酵素です。その酵素をサポートする脇役こそが、ミネラル成分なんです。

滋養強壮剤(強壮剤)などの性力剤などの栄養素表をみると、わかりますが、ミネラル成分が多く含まれています。これは、体内にある酵素をより強く活動させるためのサポート役を取り入れて、抗酸化を促すということです。

なぜ精力が下がっていったのか?

最近、時々思うのだがなぜ??精力が下がってしまったのだろう??加齢・老化現象という言えばそれまでなのだけど、それ以外にも要因がいくつかあると自分で思っている。よく聞くのがタバコやお酒といった要因だ。くしくも、僕はどちらの要因も10年以上だ。

しかもともにヘビーな男と言えるだろう。やはり、このタバコとお酒は精力に深く関係していると思う。この2つは精力を直接下げてしまう力はないが、確実に体を老化させていく要因だ。

体が老化=精力が下がる。という図式からいくと、やはり健康的で生き生きとした若々しい生活習慣を心がけることが精力を上げるコツなんだと思う。あと、もう一つ。「使う」ということ。簡単に言うと、精力を使うということ!!かかりつけ医に聞いたことがあるが、人間の体で使わなくなれば、必要ないということを脳がインプットして、機能を低下させるらしいのだ。だから、精力・あそこも使わなければ、脳が「そっか。お前にはもう必要のないものなんだな?」てな具合に機能を低下させる訳だ!!これはもっとも恐ろしい。精力ってやつは筋肉と同様、使わなければどんどん衰えていくのだ。必要ないと脳がインプットしてしまうから・・・

男性ホルモンが低下するから性力も下がる

これは性力の基本とも言われていることで、男の性力の源は男性ホルモンです。老化していくと性力が下がると言われているが、その実態は老化によって男性ホルモンが低下し、その結果、性力が低下してしまうらしい。

男性ホルモンはどうしても老化によって低下していきます。むしろ、20歳をピークにして後は右肩下がりになっていくんです。

ちなみに、男性ホルモンの量は血液検査なんかでわかるみたいです。男性ホルモンって精巣で9割が作られていて、その作られた男性ホルモンは血液に溶け込んで体のいたるところに支給されるらしい。

とにかく、歳をとると精巣で作られる男性ホルモンの量が減ってしまうってこと。

これは精巣の機能自体が老化してしまっていくからで、当然といえば当然。

だって、歳を取るとシワが増えるっていうのも普通の教養がある大人なら当然のように理解できます。その仕組はよくわかっていないけど、老化しているってことなんていう感じでわかっています。

それと同じことが男の精巣でも起こっているんですね。

精子や男性ホルモンを作る工場が劣化していくわけだから、生産性も衰えるのも当たり前のことです。

男性ホルモンの低下で更年期が訪れる

更年期障害っていうと女の病みたいに思っている人も多いと思うが、これは女だけに限った病ではありません。

基本的に女でも男でも起こりうる更年期におこる病です。そもそも、なぜ更年期障害が起こるのかは男女とも同じ理由です。それが性ホルモンのバランスが崩れるから!!これに尽きるらしいです。

男なら性ホルモンのほとんどは男性ホルモン、女なら性ホルモンのほとんどは女性ホルモンです。

その性別を支配している性ホルモンの量が減ったり、バランスを崩してしまうことで、更年期障害というのが起こってしまうんです。

だから、男でも全然ありえる話なんです。しかも、最近では男の更年期障害になっている人が多くなっています。

男性更年期障害のことをLOH症候群なんて言います。おそらく、近い将来、当然のように中年男性の代表的な病となるでしょうね。まぁ、病と言っても、今までバランスがとれていた男性ホルモンがある歳を境に急激に崩れることで起こるので、病気といっても、割りと誰でも通りうるものです。

個人差が合って、その症状がひどく出る人も多いってことですね。最近では昔よりも生活習慣やストレスの問題が大きいので、男が更年期を迎えた時期に男性ホルモンのバランスが崩しやすくなっていて、色々な症状がでるみたいです。

上記で、「男性ホルモンは歳とともに右肩下がりのように減っていく」と言いましたが、これは統計のデータです。これには個人差があって、生活習慣や精神的な悩みなど、によって絶対になだらかに右肩下がりではないってことです。

病気をしてしまったり、生活習慣が悪かったりすると、老化が一気に進む可能性があり、それと同時に一気に男性ホルモンのバランスが崩れてしまう可能性もあるんです。

なだらかに男性ホルモンが減っていくなら、病院に行くほどの症状は少ないようですが、急激に男性ホルモンが減ったり・バランスを崩してしまうと、「何かの病気なのでは?」と思うくらいの症状がでてくるみたいです。

どんな症状がでてくるのか?

精神的な症状

  • イライラが多くなる。
  • うつ病のような症状。
  • 物事に対しての不安。
  • 不眠や睡眠障害
  • 記憶力・集中力の低下。

肉体的な症状

  • 筋肉の低下
  • 疲労感
  • ほてり
  • めまい
  • 頭痛
  • 耳鳴り
  • 頻尿

まさに女性の更年期障害と同じような症状です。被害妄想だったり、そういった精神的な問題も女性だけでなく男でもありえます。もう更年期障害が年増の女だけに起こる病ではないんです。

ちなみに、性力の減退や勃起力の低下もLOH症候群の症状の1つです。LOHは男性ホルモンの低下で起こりうる問題という風に医学で定義されています。ということは、勃起力の低下も性力の減退も男性ホルモンが低下することで起こっている問題だということです。